ゴシップ

まるで整形失敗した海外セレブ!? 道端三姉妹の母・富子さんの顔面が怖すぎる

【この記事のキーワード】
道端アンジェリカ公式ブログより

道端アンジェリカ公式ブログより

 10日に放送された『有吉ゼミ2時間SP★坂上忍、家を買う。三浦半島編&芸能人親子の仰天子育て術』(日本テレビ系)。同番組には芸能人親子として道端アンジェリカ(28)とその母の道端富子さんが出演していた。富子さんは、カレン(34)・ジェシカ(29)・アンジェリカの3人の娘を将来モデルにするために「食事はほぼ毎日ステーキ」「正座は禁止」「3人それぞれを『あなたが姉妹の中で1番かわいい』と褒める」などの独自の子育てを実践していたことを明かし、会場を驚かせた。その甲斐あってか、現在の道端三姉妹は全員モデルやタレントとして活躍しており、最近では次女のジェシカがF-1のスター・ドライバー、ジェンソン・バトン(34)と婚約したことでも話題になった。

 しかし、ネット上では富子さんの子育て術よりもその顔面に注目が集まっており、「道端ママの顔が怖い」「整形失敗?」との声が相次いでいる。富子さんの年齢は非公表だが、確かに彼女の顔には加齢や老化によるシワやたるみとは異なる不自然さが見える。まるでリフトアップや、ヒアルロン酸などの美容整形を繰り返したかのようで、整形失敗が如実な性転換モデルのアマンダ・ルポールや過去に739回もの整形をしてきたと告白したセレブ、ジョアン・リバースのような顔になってしまっている。そもそも富子さんは三姉妹とは違いハーフではないはずだが、現在の姿はどう見ても外国のおばあちゃんといった風情だから不思議である。

 娘3人をモデルに育て上げ、自身も若かりし頃にモデルとして活動したことがあるという富子さん。さぞかし高い美意識を持っているのだろうが、自身の顔面が不自然になってしまっていることは気にならないのだろうか。
(シュガー乙子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ビューティ・ジャンキー-美と若さを求めて暴走する整形中毒者たち