インタビュー

オナニーは「おさるさんごっこ」、緊縛プレイは「セーラームーンごっこ」、疑似セックスは「くっつきごっこ」と呼んでた。花子さんの少女期

【この記事のキーワード】

しQちゃんの吐きそうな日常

【前回まではコチラ】
第一章:幼稚園で緊縛プレイ! ビッチ大賞初代グランプリ受賞者の「性の目覚め」に迫るキュウ~!

花子さんの生い立ち~幼少期の性の目覚め~

――花子さんは4歳でオナニーに目覚めたそうだけど、きっかけは何だったキュウ? 4歳って四捨五入したら0歳だキュウ。早すぎる性の目覚めだキュウ。

花子「きっかけは自宅のソファーでした。自宅のリビングにあるソファーが、やや盛り上がってる形のふかふかなソファーだったんですよ。そこによじ登って遊んでた時、またがったら擦れたんでしょうね。『おっ』って発見してしまいました。その時は無知で恥ずかしいとかわからなくて、ずっと股間を当てて前後に動いていました。ある日お母さんに見つかってしまって『オマタ大事だからしちゃダメ』と注意されてしまって。でも私は何で怒られてるのかわからなくて『いや、おさるさんごっこだよ』って誤魔化してましたね。それを小学生くらいまでずーっとやってて、『降りなさい』とか『パパの前でやっちゃダメ』って注意されてました。多分それが1番最初ですね」

――猿のようなオナニーを「おさるさんごっご」って正しい命名だキュウ。花子さんネーミングセンスあるキュウ~。そんな早熟なオナニー女児はどんな風に育ったのキュウ?

花子「幼稚園では『セーラームーンごっこ』が大好きでした。セーラームーンって敵に捕まる人がいるじゃないですか。そこで『捕まりたい』願望が芽生えてしまって。お友達にはいつも『私捕まる役やるから助けに来てね』って言っていました」

――それは遊びじゃないキュウ。プレイだキュウ! 思考回路はショート寸前だキュウ!! その緊縛プレイな「セーラームーンごっこ」、具体的なやり方を教えろキュウ!

花子「私が勝手にひとりでおっぱじめて友達に広めたんですけど(笑)、男の子たちにも『後ろからちゃんとこう掴んでて!』とか緊縛を命令していた記憶がありますね。将来なりたい職業はセーラームーンで、月野うさぎちゃんが好きでした。卒園してからは『くっつきごっこ』にはまりました。小学校1年生の時に、幼稚園からずっと一緒だった幼なじみの男子がいて、その子のことが好きだったんです。その子も私のことが一応好きだったみたいで、同じマンションの上下の階に住んでいたので毎日遊んでました。で、その子の家に行った時に『くっつきごっこしようよ』って提案して……(笑)。おままごとでお父さんとお母さんの役をやってたので、その延長で今思えばエッチっぽいことを私が始めてました。幼なじみに『横になって』と仰向けに寝てもらって、私がそこに覆いかぶさって前後に揺れていました。彼も『気持ちい~』『なんかこれいいね』みたいなこと言ってました(笑)」

――それ、騎乗位の素股だキュウ……。性にクリエイティブだキュウ~。パイオニア精神はんぱないキュウ~。緊縛プレイや素股を男子に命令する幼稚園児……末恐ろしいキュウ! その禁断の遊びは大人に怒られなかったキュウ?

花子「一度『くっつきごっこ』を彼のお父さんに見られちゃって。騎乗位状態の時にドアを開けられて……でも一瞥してサッて閉められました。その後、幼なじみは進級と同時に転校しちゃったんで『くっつきごっこ』はそれでもうおしまいでした」

花子さんの初体験物語~お嬢様カトリック学校で隠れビッチ活動~

――クリエイティブなオナニーに明け暮れた幼少期を経て、花子さんもいよいよ思春期。中学校ではどんなエロライフを送ったキュウ?

花子「小学校までは地元の公立だったのですが、お母さんの希望で中学受験をして、カトリックの女子校に進学しました。真面目な校風で、彼氏がいる子が学年(160人程)でひとりくらいしかいない環境でした。本当にお嬢様っていうか無菌状態のビニールハウスの中で育てられてきたような女子ばっかりでしたね。彼氏がいるだけで『ヤリマン』と言われるほど!」

――お嬢で厳格なカトリック校なのにヤリマンとか言うのかよキュウ~。
シスターが聞いたら泣いちゃうキュウ~。

花子「入学当初はお嬢様なのに、みんな中身はゲスくなっていくんですよ。クラスに1台進路指導用のパソコンがあったんですけど、それを利用してクラスメイトとAV見ながらセックスの研究してましたね。みんな処女なのに『キモい~』と言いつつAVを楽しんで見てました」

――うん、ゲスいキュウね。お嬢様カトリック女子校のスクールカースト的に、花子さんはどの立ち位置にいたのか興味あるキュウ。

花子「私は中学校まではアニメと声優とアイドルが好きなオタクでした。周りも中二病みたいな子が多かったです。スクールカーストで言えば二軍ですかね。ただ、オタクって本当は四軍くらいなんですけど、私はコミュ障ではなかったので一応社交的で、一軍にも二軍にも友達がいるし、ご飯を食べるのは二軍グループで……みたいな立ち位置でした。わりと真面目なタイプで、先生から目を付けられないようにいい子に振る舞ってもいました。先生受けは良かったです」

――なるほどキュウ~。確かなコミュ力、生きる力を感じるキュウ。手堅く学校生活を送る花子さん。初めての彼氏はどんな人だったのキュウ?

花子「最初に付き合ったのは14歳の時で、初体験も彼です。彼氏は当時23歳の法学系の大学院生で弁護士の卵でした」

――キュキュキュ~!  14歳と23歳のカップル……淫行で捕まるキュウ。心配だキュウ~!

花子「そういえばデート中に何回も補導されて大変でした。一緒に帰る時、私は制服で向こうは私服なので……。でもお互いの両親にも挨拶をしていたほど、真面目でピュアな男女交際でした。あ、セックスはヤりまくってましたけど」

――ヤリまくってるけどピュアな男女交際……意味わからないけどロマンチックだキュウ。中学生と大学生カップルなんて、セーラームーンの月野うさぎちゃんと衛ちゃんみたいな年の差にドキドキするキュウ~。さすが幼少期にセーラームーンに憧れて緊縛プレイで遊んでいた女だキュウ。着実に夢を叶えているキュウ。ところで、どこで女子中学生と大学院生が出会うキュウ? 初彼との馴れ初めを教えてキュウ。

1 2

しQちゃん

子宮のゆるキャラ(妖精)。アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ 

@sheQchanz

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

江戸の歴史は隠れキリシタンによって作られた (講談社+α新書)