ゴシップ

顎が凶器!? ガリガリ坂口杏里と拒食症疑惑のダレノガレ明美

【この記事のキーワード】
坂口杏里オフィシャルブログより

坂口杏里オフィシャルブログより

 ここ最近、「激ヤセ疑惑」が心配されている2人の女性タレントがいる。ダレノガレ明美(23)と坂口杏里(23)である。ダレノガレは、3カ月間で7kgのダイエットに成功したことをブログで明かしたが、ダイエットは継続中のようで今年1月には44.8kgに、さらに先日はTwitterで「今日朝起きたら43.9キロになってた HAPPY」と最新の体重を公開。女性ファンから「きれい」「かわいすぎ」「ダレちゃんストイックの神様」と賞賛を浴びている。彼女の身長は164cmで、それ以上痩せる必要はないほどスタイル抜群なのだが、医学的に健康的とされる体重では満足できないのが乙女心。しかし、日に日に痩せていくダレノガレに、業界内では「拒食症では?」と心配の声も上がるほどだ。

 実際、モデルやタレントは体型管理も仕事のうちではあるが、神経質になりすぎて摂食障害を患ってしまう例はごまんとある。もうひとりの激ヤセタレント・坂口にいたっては、ダレノガレよりも高身長の168cmだが、体重は43.2kgしかないことを公表している。かねてより「痩せすぎ」「顔も整形しすぎ」と話題になりがちな坂口だったが、ここ数週間のブログを見る限り、さらに細さは加速しているように見える。頬の肉が削げ落ちて面長になり、顎が不自然なほど尖っているため、「凶器か?」と揶揄するネットの書き込みも散見。

 とはいえ、以前に激ヤセを指摘された際に、坂口は「映画の役作りでダイエットしただけ」ときっぱり反論していた。仕事のために減量した体重を今も維持しているだけなのだろうか。

「本人はガリガリになりたいわけではなく、美しいカラダ作りを目指しているだけ。食事制限だけでなく筋トレもしていますし、プロテインも飲んでいる。ダイエット開始当初こそ脂肪溶解の注射を打つなどして2カ月で13kgを落としたが、その後は健康的にスタイル維持に取り組んでいると聞いています」(業界関係者)

 それならば安心だ。坂口は5月からメインで出演する舞台公演も始まる予定となっているが、舞台はテレビ以上に体力を擁する。体調を崩すことなく本番を迎えてほしいものである。
(犬咲マコト)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

あごのかたち―外科的矯正歯科治療ガイド