連載

「巨乳は作れるけど貧乳は作れない」男女6人おっぱい座談会・前編

【この記事のキーワード】

ルミコタイトル

 女性の象徴的パーツのひとつである、おっぱい。しかし、実際のところセックスにおいてメインステージとされるのは圧倒的にまんまんであり、おっぱいに対する愛撫はそれに付随するオマケのようなポジションになる場合もあるのではないでしょうか。せっかくおっぱいが2つもついている人間として(皆さんそうなのですが)、もっとおっぱいをクローズアップしたい。おっぱいの可能性を知りたい。そんな想いから、おっぱいについてトコトン語り合う「おっぱい座談会」を決行してきました!!

 今回、おっぱい議論を展開するメンバーは、爆乳担当・H子さん(Hカップ)、貧乳担当・A子さん(自称Cカップ)、messy編集部からG子さん(Eカップ)、そして私ロリルミ(Dカップ)と、自称おっぱいマニアの30代男性Nさん、Fさんの6名。大中小様々なサイズのおっぱいを所持する女性陣とおっぱいを欲して止まない男性陣で熱いトークを繰り広げます!!

――皆さん、今日はお集まりいただきありがとうございます。さて、今回の座談会のテーマは「おっぱい」なのですが、まず男性陣からどんなおっぱいが好きかを教えて下さい。

Fさん(以下F)「どちらかといえば大きいおっぱいが好きなんですけど、一番大切なのは大きさじゃなくて形なので、キレイなおっぱいが好きですね」

Nさん(以下N)「僕は小さいおっぱいが好きなんです。小さい方がかわいらしい。貧乳の女性って、それをコンプレックスに感じてる人が多いじゃないですか。それがまたいいんですよね。おっぱいが小さい自分を気にしてるところも愛らしく感じます」

G子(以下編G)「コンプレックスなのがいいって、なんか変態気質な感じですね(笑)」

N「いやいや、巨乳は作れるけど貧乳は作れないじゃないですか。天然モノなんですよ、貧乳は。そういう意味で巨乳よりも価値があるんです」

――「巨乳は作れるけど貧乳は作れない」、早速名言出ました!!

N「服を着ている状態といざ裸になった状態の胸の部分の曲線美が変わらないのも貧乳のよさのひとつですね。脱いでも形が崩れない。おっぱいが小さいほうが、乳首と乳輪の大きさとおっぱいのバランスがキレイだし。しかも、小さく見えても実際触った時に意外と感触があるから『おっ!』っていう驚きと感動が味わえるんです。反対に巨乳は、服を脱いだ時に形が崩れたりしてガッカリすることもあるし、乳首と乳輪が大きすぎる人の割合が高いような気がします」

――確かにおっぱいが大きいとそれに合わせて乳輪も伸びてる(?)ような気がしますね。

貧乳担当・A子(以下貧A)「たまにお化けみたいに大きい乳輪の人っていません? 私のお姉ちゃんなんですけど(笑)。姉妹なのに、私は貧乳でお姉ちゃんは巨乳なんですよ。でも、お姉ちゃんは乳輪がとにかくでかくて。なんかお化けみたいなの(笑)。色はわりと薄めなんですけどね」

N「それ、僕にとっては一番ダメな奴です。乳輪がでかくて色が薄いのが個人的には一番苦手」

貧A「乳輪って、500円玉からはみ出したらちょっと大きめとか言われてますよね」

N「おっぱいの大きさにも寄りますが、基本的にCカップ以下の人の方が500円玉の中に収まってるキレイな乳輪が多い気がします」

――先程からNさんによる貧乳の賞賛が続いていますが(笑)、逆に爆乳をお持ちの方は実際どうなんですか? よく「重いから肩が凝る」なんて言われてますが……。

爆乳担当・H子(以下爆H)「本当にそうです!! めちゃくちゃ肩凝りますよ。こんなにいらないって思います。服選びも困るし」

――本当に大きいですもんね!! 今日お会いした瞬間、その爆乳具合に圧倒されましたよ。

爆H「友達には『メロンが2つ歩いてくる』なんて言われます(笑)」

貧A「何回見ても超~デカイよね。私、今日は貧乳担当として参加してるけど、実はブラジャーのサイズはCなんだ」

全員「えっ……(疑いの目)」

貧A「本当ですよー!! 今日は貧乳担当としてあえておっぱいが小さく見えるブラで来たんです!!」

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

きれいをつくるおっぱい体操