ゴシップ

完璧なセレブライフを送る梅宮アンナの暇人ぶり

【この記事のキーワード】
「美STORY 2009年 11月号」光文社

「美STORY 2009年 11月号」光文社

 これまでも数々の女性芸能人や有名人が参入してきたInstagram(以下インスタ)。公式ブログやTwitterに加え、インスタでも情報を発信することが珍しくなくなってきた。しかしインスタは公式ブログのように、第三者からのコメントを事前にチェックしての公開ということができない仕様のため、コメント欄がファンとアンチで入り乱れて荒れることも特徴だ。かつて辺見えみりもインスタユーザーだったが、投稿内容を巡って批判的なコメントもたびたび寄せられたせいか、早々にこれを退会。独特の世界にうまく対応できない芸能人にとっては、苦労を強いられる厳しい場所となっている。messyでもそんなインスタでの女性有名人らの騒動をこれまで何度も取り上げてきたが、今回、がんばってインスタに参入していながらさほど話題になっていない残念な人物を発見した。モデルでタレントの梅宮アンナ(41)である。

 梅宮は1日に10枚程度の写真をポストしており、芸能人にしては高頻度なほうなのだが、フォロワーは4月10日時点で5600人程度。元フィギュアスケート選手の安藤美姫のフォロワーは約17000人、梨花は約39万人であることを見ると、世間からの注目度はやや低めのようだ。梅宮は2001年に元飲食店勤務の男性と結婚し翌年に長女を出産したが、2003年には離婚し、現在はシングルマザー。未公開株の詐欺で実刑判決を受けた羽賀研二と交際していた1990年代、交際の様子がたびたびワイドショーで取り上げられていたが、今はテレビでその姿を見かけることもほとんどなくなった。昨年10月に山形在住の実業家との不倫交際が報じられたが破局説も囁かれているようだ。

 大御所俳優・梅宮辰夫の愛娘として親の七光りを存分に浴び芸能界で活躍してきた梅宮であるが、羽賀とのバカップルぶり(ペアヌード写真集もリリース)、その後のできちゃった結婚や激太り、不倫報道で、タレントとしてのイメージは良いとは言いがたい。90年代前半は雑誌やテレビに出ずっぱりだったが、現在ではレギュラーの仕事もなく、ごくたまにバラエティ番組に出演する程度となっている。タレントお馴染みのファッションアイテムプロデュースも行ってはいるが(レインブーツやバッグなど)、ブログやインスタでは私生活の話題ばかりで、仕事をしている様子はほとんど伺えない。

 通常のタレントであればこの状態ではジリ貧だ。元モーニング娘。市井紗耶香のように、コスメから健康飲料、果てはシャワーヘッドなど、こだわりが感じられないプロデュース商品を矢継ぎ早にリリースして奮闘する例もある。しかし有名俳優の娘としてセレブライフを謳歌しまくってきた梅宮のインスタからは市井のようなガツガツ感は全く感じられない。

 最近の投稿を見てみると、母親とのロサンゼルスでの滞在を楽しんでいるようで、コーディネート写真にはじまりスーパーやブランドショップでの買い物の様子、アメリカの子供服や子育てグッズの写真などを多数、投稿している。豪華な食事を楽しんだり、エステでリラックスしたりと完全なセレブである。旅行前の写真にまで遡ると、時折H&Mなどのファストファッションをたしなむ写真もあれど、使い込んだエルメスのバーキン(しかも複数)や、シャネルの靴などが頻繁に登場し、もはや一般人が到達できるレベルではなさそうな生活ぶり。しかもこうしたオシャレ感ただよう写真たちに挟まれるように、時折、父親の梅宮辰夫がチェックのパジャマ姿で犬とくつろいでいる様子や団子を食べている様子が投稿されていたりして、彼女の日常は我々一般庶民にとっての非日常であることをより一層感じさせられる。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

梅宮辰夫の魚のさばき方 (タツミムック)