連載

男は浮気を繰り返すのか!? 裏切られたと嘆く前に、隙だらけな自分を改めて!

【この記事のキーワード】

kenjitop

相談者:まさみさん(33)

KENJIさん、初めまして。

主人との付き合いは約9年です(入籍2年半、同居してから半年ちょっとです)。

一年半前、主人が前職を辞めさせられるような形で退職し、精神的に追い詰められながら転職活動で忙しくしていました。その時ふと主人の携帯が気になり、なんとなく手に取ってみると、私たちの披露宴に出席してくれた当時の職場の女性と、不倫を匂わせるようなやり取りをLINEでしていました。

すぐに彼に確認しましたが「何でもない」と言われました。
しかし、その後すぐに私がロック解除をできないようにされていました。
数日後、彼に彼女のことを聞くと「もう連絡を取らない。相手にも伝えた」と言われ、たまに彼女の名前を出して反応を見ていましたが、何もなさそうなので信じていました。

しかし今年に入り、彼が携帯を操作している時に、彼女とLINEでやり取りをしているのが見えてしまいました。
すぐに「何で連絡を取っているのか」と聞くと「前の職場の仲間が異動したと連絡があっただけ」と言われました。

しかし、胸騒ぎがしたので、数日後ダメ元で主人のパソコンにログインして、主人のLINEに入り込んだところ、彼女と頻繁に会っていることを裏付けるやり取りがありました。

数日後主人に聞くと、最初は否定され「手を繋いだりキスしているだけ」と言っていましたが、最終的にホテルにも泊まっているし、不倫を認めました。

今までも、ことあるごとに嘘の勤務時間や休みを私に伝えていたようです。私の誕生日には一度も仕事を休んでくれたことがないのに、彼女のためには休んでお泊まりデートしていたことも発覚し、すごく落ち込んでいます。
しかもその彼女、全く可愛くもないし魅力的には見えないんです。余計にショックです。

私は口調が強かったり、物事をはっきり伝えるタイプで、それが主人は気に入らないし、癒しを求めて不倫したと言われました。

自分でやめたと宣言しておきながら続けていたので、いつまでこんなことを続けるつもりだったのか聞いてみると「相手に彼氏ができるまで」と言われて開いた口が塞がりませんでした。

彼女は合コンに行きまくっているそうですが、彼氏もできず、主人は「早く彼氏を作りなよ」と言っていたそうですが……疑問だらけです。

相手の連絡先を消去させましたが、違う名前で登録し直していたことも最近発覚し、主人に理由を聞くと「曖昧なまま関係が終わってしまい、俺たち夫婦がどうなってるかもわからず不安だろうから、そのうち近況報告するつもりだった。私にバレたら連絡先を消去されると思ったから名前を変えた」と言われました。

全く主人の考えが理解できません。

人生の三分の一を共にしてきた相手なので離婚する勇気もなく、私は寂しがり屋で男の人がいないと生きていけないタイプです。

自分の友達が同じ状況なら「離婚すべき」と助言すると思います。
実際、友人からも言われました。

男性と女性の気持ちを理解できるKENJIさんとしては、どうするべきだと思いますか?
また、うちの主人のようなタイプの男性は、不倫を繰り返すでしょうか?
長々と申し訳ありませんが、どうかアドバイスお願い致します。

―――

まさみさん!!!

ねぇ!! まさみさん!!

あたしこそ開いた口が塞がらないわ!!!!
ごきげんよう。

結論から申し上げると……
そのような殿方は、隙だらけのあなたのままでは、
不倫を繰り返します。
もう、「不倫」というスリルを味わってしまったのですから……。

リアルに慰謝料を請求できる可能性があるお話よね~。
まぁあたしからしてみればそんな話はあなたに限った話ではないわ~!

きゃだ!! 最近本当に多いのよ!!
LINEやSNSで人と人が繋がりやすくなってしまったこの世の中だからこそ。
しかもバレやすいのが今の時代の特徴ね。

そもそも、あなたもあなたよ!! 立派な隙だらけ汚ブスじゃないのよ!!!!

男の「約束するから」は信じちゃダメよ!!
絶対に!!
男はその場が納まるのであれば、すぐ約束するのよ!!

あとね、人は拘束されればされるほど自由を追い求める生き物なの。
隣の芝生は青く見えるでしょ。

1 2

KENJI

年間400回以上の女子会をプロデュースし、内面汚(お)ブスの本音を炙り出す。おネエキャラでテレビ、雑誌、イベントMCなど多数活躍!高校、大学ではマナー講師も。FBS『クロ女子白書』(深夜0:54)レギュラー出演中/著書『女子会のお作法』(産学社)

@obusukenji

株式会社スリースマイル

KENJIオフィシャルBLOG

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

本当はコワイSNS (アスペクト文庫)