カルチャー

長谷川潤への大バッシングから、「母親が働く」を考える

【この記事のキーワード】
「an・an 2014年 2/26号」マガジンハウス

「an・an 2014年 2/26号」マガジンハウス

 2011年にハワイ在住の男性と結婚し、翌2012年に娘を出産したモデルの長谷川潤が、資生堂の日焼け止めブランド「ANESSA(アネッサ)」の新モデルに起用された。ネットニュース「まんたんウェブ」では長谷川にインタビューを行い、CM撮影の様子や、子育てと仕事との両立について長谷川自身が語っているのだが、この内容についてネット上で批判が集まっている。

 現在、家族とともにハワイで暮らしており、この「ANESSA」のCM撮影もハワイで1日かけて行われた。しかし他の仕事のほとんどは日本で行われるため、基本的に月に1度のペースでハワイと日本を行き来する生活を送っているという。そのとき、1歳半になる長女はハワイで留守番となる。

「寂しいし、(子供に)会いたいんだけれど、それがよかったりするのかなって」
「会えない期間があることで子供に会ったときにありがたみが出てくるから。こちらにいるときは自分のことに集中できる。ずっと子供と一緒にいるとすべてが子供になって自分がセカンド(二の次)になる。こっち(日本)に来ると自分のアイデンティティーをキープできるし、大事にできるから」

 と、インタビューでは自身の子育てや仕事についての考えを語っているが、この発言や“月に1度は幼い娘をハワイに残して日本で仕事をしている”といった生活スタイルについて非難が集まっている格好だ。

 ガールズちゃんねるでは「いつどんな時も子どもに親は必要だよ」「『ありがたみが出てくる』って言い方に違和感」「自分が一番ってことですね」「仕事ももちろん大事だし自分の時間も大事だと思うけど その前に子供の母親じゃないかな?と私は思う…子供は母親とずっと一緒にいたいに決まってるし子供の気持ちをもう少し考えてあげて欲しい…」といった、長谷川の子育てと仕事との両立を批判的に見るコメントが数多く寄せられている。「自分のことがセカンドになるのが嫌なら産むな 子育てはそのくらいの覚悟が必要 たまには息抜きは必要だけど丸一日離れるとか母親としてありえない」など、極端な発言が目白押しだ。

 過去に報じられた関東連合との関係や、深夜にホームパーティを開催し隣人から苦情を言われた話などもアップされており、完全に火がついた状態である。さらには「この人にしても、エビちゃんにしても、SHIHOにしても、佐田真由美にしても、モデルって変な人ばっかりやね」など他の既婚女性芸能人にも飛び火し、相当な燃え上がり具合となっている。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

長谷川潤 ハワイを踊る <2枚組> DVD