カラダ・美容

膣トレ最新機器がスゴい。スマホと連動して、楽しみながら膣圧をアップ!

【この記事のキーワード】
ChitsuCon_02a

最新グッズ「フェミメイト」を使った膣コン、開催はもうすぐ!

 「膣圧コンテスト messy杯」の開催が迫っています。何を競うかというと、膣を締める力です!

 膣の締まりを左右するのは、インナーマッスルである“骨盤底筋群”。これが弱まると、セックスで気持ちよくなれなくなったり、パートナーから「ゆるい」と言われたり、尿漏れ、頻尿、便秘、冷え……いいことが何もない! ということが、前回の取材で明らかになりました。

 健康なビッチ生活のためにも欠かせない膣トレ。ですが、messy編集長・下戸山うさ子、messy編集部員・舞生G子、バイブコレクター・桃子の3人が膣圧測定に臨んだところ、41cmH20※という好成績をおさめたG子選手はさておき、うさ子選手は14cmH20、桃子選手にいたっては、まさかの「測定不可能」という結果に! ※cmH2O=センチメートトルエイチツーオー、圧力の単位

 これはコンテストで優勝するためというよりは、まず自分のために、ゆるゆる膣を改善しなければ! と意気込んだ3人が手に取ったのは、「フェミメイト」。今年発売されたばかりの膣トレ・サポートグッズです。

 本体を挿入し、ぎゅっと締め付けると、内蔵されたセンサーが圧力に反応し、ブルブルブルッと振動します。これによって「ちゃんと締め付けられた」ことを確認できるので、取材時の桃子さんのように「締めてるのか締まっていないのかわからない」ということがなくなります。正しい動作をできていないまま続けても、トレーニングにはなりませんからね。

 膣トレは本来、道具を使わなくてもできるもので、前回、訪問した「LUNA骨盤底 トータルサポートクリニック」でも、自分の身体ひとつでできるトレーニング法を指導していますが、こうしたグッズがあることでモチベーションが上がり、継続しやすくなるもの。

 さらにこの「フェミメイト」がすごいのは、スマホと連動できること! IT化の波がついに女性の膣にまで及んでいたとは、ちょっとしたニュースです。

 あらかじめ本体とスマホをBluetooth接続させておくと、エクササイズレベルを10段階から選択できます。画面のガイダンスに従い「締める」「ゆるめる」「休む」の動作を繰り返すと、エクササイズ終了後に圧力の数値や、タイム、スコアが表示される……というシステムです。

 データは90日分を保存し、グラフ化してトレーニングの成果を目で見て実感できるので、飽きずに続けられる! ダイエットでも何でも、効果がわからないと続けられないですもんね。

 今回の「膣圧コンテスト messy杯」では、1カ月かけて膣トレし、その成果を競います。であれば、できるだけ効率的にトレーニングしたいのが本音……。そこで、「LUNA骨盤底 トータルサポートクリニック」院長でもある、関口由紀先生にコツを教えてもらいました。

1 2

三浦ゆえ

フリー編集&ライター。富山県出身。複数の出版社に勤務し、2009年にフリーに転身。女性の性と生をテーマに取材、執筆活動を行うほか、『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』シリーズをはじめ、『失職女子。~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで~』『私、いつまで産めますか?~卵子のプロと考えるウミドキと凍結保存~』(WAVE出版)などの編集協力を担当。著書に『セックスペディアー平成女子性欲事典ー』(文藝春秋)がある。

twitter:@MiuraYue

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

カラダがときめく ちつトレ! (アスコムBOOKS)