ゴシップ

坂口杏里が冷蔵庫の中身を公開…摂食障害説が濃厚に

【この記事のキーワード】
坂口杏里オフィシャルブログより

坂口杏里オフィシャルブログより

 最近、顔のグレードアップが著しく、いつのまにか彫りの深い外人風になってしまったことからすっかり“整形疑惑タレント”の一員になってしまった坂口杏里(23)。加えて、不健康に見えるほどの激ヤセぶりも注目され、メンタル面を心配する声も多く聞かれていた。

 そんな彼女について、またしても心配の種が舞い込んだ。26日付の自身のブログで自宅の冷蔵庫の中身を公開した彼女だが、そこには大量のプロテインやエナジードリンク、美容パック、そして申し訳程度に寒天ゼリーのようなものが並んでおり、食材らしい食材は何も入っていない状態だった。食生活が乱れがちな一人暮らしの冷蔵庫だとしても、この偏りっぷりは異常である。

 案の定、これを見たネットユーザーからは「まともな食生活じゃない」「ちゃんとしたご飯食べて欲しい」「摂食障害なの?」という声が続出。以前にも増して彼女の身を案ずるコメントが多く見られ、中には「周りの大人がなんとかしてあげて」と切望する人もいた。あの激ヤセぶりと栄養補助食品がギッチリ詰まった冷蔵庫を見れば、彼女が“細ければ細いほど美しい”という間違ったダイエットに洗脳されているのではと感じてしまうのも当然かもしれない。

 一般的にプロテインやエナジードリンクは、あくまでも普段の食生活にプラスして栄養素を補うものであり、それだけを摂取していても体に必要な栄養素は摂れないことが多い。また、カナダの大学による調査では、エナジードリンクの摂取量が多い人ほどうつ病や薬物・アルコール乱用の問題を抱えているとの結果が出たこともあり、常用は控えるべきとの説もある。坂口が普段、冷蔵庫の中身だけで食事を済ましているのかはわからないが、これらが食事のメインになっているとしたら健康的とは言えないことは確かだ。

「健康的な体型の人の冷蔵庫の中身がプロテインまみれだったとしたら、『ああ、筋トレマニアなのかな……』と思うところですが、坂口さんの場合は最近ヤセっぷりに拍車がかかっていますからね。一部からは、いまの坂口さんは芸能界でも一二を争う細さと言われている桐谷美玲(24)や河北麻友子(22)よりも細くなっているとの声もあります。ブログでは、コンビニでお菓子を購入していたり、スタバのドリンクに生クリームたっぷりのものを飲んでいたり、朝ご飯のトーストとバナナジュースを食べたとの報告もしてますが、それすらも『ちゃんと食べてますよ』というアピールのようでなんだか痛々しく見えてしまいますね……。過度なダイエットは数年後に一気に弊害が生じることもありますし、早く健康的な体型に戻って欲しいものです」(芸能関係者)

 理想のスタイルを保つために美意識が高いというのはいいことだが、それがよくない方向へとつながり、世間に心配されるようでは元も子もない。体調に異変が生じる前に、一刻も早く、坂口には本当の美しさとは何かということに気づいてほしい。
(ルイコスタ松岡)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

HALEO BLUE DRAGON(ブルードラゴン)24本セット (ストロベリー)