連載

彼氏が「ひゃうぅっ! らめぇー!」と絶叫…ウケるH経験暴露

【この記事のキーワード】
Photo by Stephanie from Flickr

Photo by Stephanie from Flickr

 セックスは真剣勝負! 最初は笑いながらイチャイチャしていても、エロモードに突入したら、男性は「真剣さ120%状態」になります。女性の方はよくわかりませんが。

 そんなるヤるかヤれるか(ヤってるんですが)の緊張状態で、思わず気が抜けるセリフや喘ぎ声を出されたら……。今回はそんな話をピックアップしました。

 他人のセックスエピソードを聞いていると、私は嫉妬と性欲で手と顔がプルプル震えてきますが、これは笑えるエピソードが多いので、イライラしなくてよかったですね。

Hの時に言われて笑った言葉・喘ぎ声

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1324486575/

■オカマ声になった

風邪の後遺症で声がガラガラに。喘ぎ越えがハスキー過ぎて彼から「オカマみたいだ」と言われて、一気に萎えてしまった。彼は気にしなかったようだが、私は嫌だった。

→オカマボイスだから、いつも以上に燃える男性もいると思います。しかし、女性はあんまり関係ないですね。

■世界の窓下から

彼氏のズボンを脱がしたら、トランクスの片方からチンコが出ていた。すると彼はいきなり「トゥルットゥ~ル~ル~~、トゥ~ル~」とテレ朝系のミニ番組『世界の車窓から』のテーマソングを歌い出して、大爆笑。セックスを始めてある程度経ったら、また歌い出して、笑い出してしまった。突然歌い出すのはやめてほしい。

→「世界の車窓から」のテーマソングはムードがあっていいじゃないですか。「8時だヨ!全員集合」で流れていた「盆回り」を口ずさまれたら萎え……いや、逆に盛り上がるかも! 「言葉責め」ならぬ「鼻歌BGM責め」の誕生ですね。

イクの禁止

彼氏はいつも「ああイキそう、イッていい? イッていい? あぁ~っ!」と終わる。いく直前に「ダメって言ったらイかないの?」と聞いたら、弱々しい声で「イキます」と敬語で答えられた。

→弱々しい声ということは、チンコもちょっと弱々しくなっていると思います。あんまり「ダメダメ」言いすぎると、最終的にふんにゃりしてイケずに終わり、気まずい空気だけが残るかも。イカせてあげて!

淫語娘

挿入してから盛り上がってきたら、彼女がいきなり

「○○のおっきいオチ○チンが奥まで入ってるウゥゥ! 子宮の奥突かれて気持ちいいのぉぉぉぉ!」と淫語で実況。何事かと思って事情を尋ねると、「セックスの最中に、エロワードを言うと男は喜ぶ」と友人たちと話していて、それを実行したらしい。

→投稿者は引いたようですが、せっかくの彼女の好意が台無しですよ。まあ、実際に「子宮の奥まで突かれたら」大変な事態ですが。

私が提案したいのは、彼も彼女に対して「淫語」で攻めてみること。しかし、これは日ごろから単語をストックしておかないとでません。とりあえずフランス書院の本で勉強するか、ちくま文庫から出ている『官能小説用語表現辞典』をチェックしましょう。

エロ漫画的な喘ぎ方

エロ漫画に出てくるような喘ぎ方をする人が本当にいるのか? そんな話をした数日後のセックス時に相手が「ひゃうぅっ! らめぇー!」と言いながらイッてくれた。でも、そのセリフは言うのは女性であって、男性じゃないんだよね。

→「らめぇー!」発言は彼氏だったんですね。ギャグなのか本気なのか……。でも気持ちはわかります。男性だって「らめぇー!」って言ってみたいですからね。でも、どんなシチュエーション?

数学的早漏防止

早漏気味の彼氏に「セックスの時に素数を数えたら?」とアドバイスをしたところさっそく実行。素数を探しながらピストン運動をする彼の知的な面を見て私は大興奮、結果、彼は181までの素数を発見できました。

→実際に早漏が治ったかどうかはわかりませんが、なんだか実用的アドバイスなのでメモしておきます。

笑ってはいけない

彼氏がHの最中に

「『デデーン…』先っちょを入れる」

「『デデーン!』全部入れる」

と、ダウンタウンの「笑ってはいけない」シリーズの効果音を使い始めた。笑ったけど、気持ちは萎えてしまった。

→いっそ今年の大晦日は番組を見ながらセックスをするのはどうでしょう? ナレーションにあわせて入れたり出したりして……。

 

 2ちゃんねるのスレを見ていると、男性は「絶頂」を迎えそうなときに、変な発言がでることが多いみたいですね。無心になっているからこそ、心の声が自然と出る……!

  女性の皆さんは男性がイキそうなときに

「浮気した?」
「今度の誕生日何買ってくれるの?」
「妊娠したみたい」
「私の父親が、あなたと会いたがっているの」

 と、普段はなかなか聞けないことを尋ねてみてはどうでしょう? 男性は嘘がつけない状態なので、思わぬ本音を知ることができるかも。自白剤いらずですね。ただ、あんまりやると「変な女」「面倒な女」認定をされてしまって、別れを切り出されるかもしれないので、ご注意ください。

■ゲッシー(♂) /30代会社員男子、インターネット情報収集家。女にモテるため、女のホンネを知ろうとインターネット掲示板をうろつくも、生々しいホンネに触れすぎて今ではちょっと女がコワイ。でもコワいもの見たさでネットの掲示板を徘徊しています!!

ゲッシー(♂)

30代会社員男子、インターネット情報収集家。女にモテるため、女のホンネを知ろうとインターネット掲示板をうろつくも、生々しいホンネに触れすぎて今ではちょっと女がコワイ。でもコワいもの見たさでネットの掲示板を徘徊しています!!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス