連載

紗倉まな熟考、技術を磨くより「フェラミケーション」!

【この記事のキーワード】
mana0606

こんな可愛すぎる敬礼初めて見たぞ!!

 皆様、こんにちは。名器を目指して毎日絶賛膣トレ中、紗倉まなです。

 今回はですね、いつにも増して……露骨にエッチなテーマを選ばせていただきました。その名もズバリ!「フェラが大好きな女の子、集まれ!~フェラに関しての一人討論会~」でございます。ぱちぱちぱち~!!!(白目)

 AV業界でのお仕事を始めて早三年。この三年で何を多く握ってきたかといいますと。マイク(一人カラオケ用)か、イチモツ様、両者の一騎打ちといったところでございます(なんて下品)。

 この一人討論会では、そんな私がフェラに対して深く、そして真剣に考えて、皆様と何かしらのフェラコミュニティ☆ を共有できる貴重な時間にしたいなと思っております(瞑想)。

 それにしても、こんなテーマについて、声を大にして言うことができるだなんて……いい時代ですね(涙)。赤裸々に語っていきたいと思います!

男性にとっての「フェラ」って…

 この仕事をしていると、やはりどうしても性のテクニシャンとしての扱いをされることが多くなってくるんですよね。でも実際は、まだまだ未開拓な地に踏み込んだばかりといった感覚なんです。勿論男性のことを熟知されているベテラン女優さんもたくさんいらっしゃいますが、私にはまだまだ遠い未来のことのように思えます。

 女性がされる前戯は胸や性器への舌・指を駆使した愛撫が一般的ですが、それと比べると、男性に対する前戯は「とりあえずフェラかな……」と直結してしまいがちですよね。

 勿論女性同様に、「乳首が一番の性感帯☆」とか、「責められるほうが興奮する」といった性癖を持ち合わせている男性もいらっしゃいますし、それに応じて前戯の仕方や雰囲気も大分変わってきますが……。

 男性器は一番「感じてるか感じてないか」を露骨に形で表してくれる部位(センサー)だからこそ、たくさん愛でるべき部分でもあるのかな、と思ってしまいますよね。何より勃起度合で行為への反応がすぐわかるところが、やりがいも刺激します。

 そう思っていた学生時代の私。当時の情事中、懸命にフェラや手コキをしていたのですが……。「あ、もう少しこのカリの部分を吸い上げるよう舐めて」とか「皮は向かずにこのまま先端をぺろぺろして」とか、男性が快感を得るための的確な指示をされて「うぅん、なんか私じゃなくてもいいんじゃないかな……」と嫌悪感を抱いたり、不安になっていたことが結構あったんですよね(彼が経験豊富なことはさておき、自分のフェラって彼にとっての何だろうと、改めて思ってしまったといいますか……)。

 そういう経験から、いつしか「男性のオナニーというのはかなり“プロフェッショナルな行為なんだなあ”」と捉えるようになりまして。

 というのも、男性は基本的にオナニスト。「どこをどういう強さで、どういう速さで手を動かせば自分は絶頂にたどり着くのか」という自分のマニュアルが既に完成されている方が多いようなのです。「真実(抜きテク)はひとつ!」ってこと? 男性自身はマニュアルを熟知しているとしても、対戦相手である自分は最初はどこが気持ちいいのかなんて何も知らない状態。そんな自分が出来る男性へのフェラって、一体何なのか……。オナニーのほうが気持ちいいなら、フェラなんて必要ないんじゃ……なんて。

 では、オナニーでの快感とフェラでの快感は、明確に何が違うのでしょうか。

フェラの醍醐味とは?

 「どうしたらすぐにオーガズムを得られるのか」というのは、自身の快感の近道を一番熟知している本人に聞いたほうが絶対に早いですよね。でも実際は、近道を辿ることが一番気持ちいいフェラではないんじゃないかな、と思います。つまり、技術的なことで相手に快感を得てもらうのではなく、相手の男性がどうしたら気持ち良いのかを「私自身が考えて」フェラをするという、その思いやりの姿勢が必要なのではないかなと。その姿勢自体が、男性への“本当の前戯”なのだなと思うことが最近多くなりました。

 性器を手でしごくだけならオナニーのほうが見事な緩急をつけて射精へ導けるかもしれませんが、指だけでなく舌や唾液、粘膜に触れる気持ちよさはフェラ特有の快感であることに間違いなく、さらに「自分のために必死になってくれている健気な姿」を感じて精神面でも快感が高まる。それが、オナニーで得る快感との明確な違いなんだろうなと……。

 学生時代のその彼も、「早くイきたいな」という気持ちよりも「実際にやってもらえたら嬉しいな」という願望から細かい指示出しをしていたのかも、と思うと、あの時「道具みたいに扱わないでよね!(怒)」だなんて言ってちょっと可哀相だったかなと振り返ることができます(笑)。

 これは男性が女性側にする前戯でも、同じことが言えますよね。

1 2

紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

紗倉まなの工場萌え日記

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

性癖108TYPE (POE BACKS/Babyコミックス) (POE BACKS Babyコミックス)