pickup

老人向け乱交パーティーで7人が死亡!? 高齢者が求める「命がけの快楽」

【この記事のキーワード】

asukatitle001

先月、ベルギー最大の老人向け乱交パーティーにて
終了間際に7人が心臓発作などで相次いで死亡するという事件が起きた。
ちなみにこのパーティーの参加資格は65歳以上で、参加者は200人だったとのこと。
(詳しくはコチラ

このニュースを見た時、正直「しょうもなっ!」的な笑いを浮かべてしまったけれど、
冷静に考えれば身体は衰えていくとはいえ老人にも性欲はある。
わたしもいずれは65歳を超えるであろうし、その時に全く性欲がないとも考えづらい。

日本の老人ホームでも恋愛や性のトラブルは何気に多いらしいのだ。
老人ホームでヨガを教えている友人は、参加者のおじいさんと仲良く話していたところ
奥から彼女らしきおばあちゃんがやってきて「いつまで話してるのよっ!」と嫉妬され
その現状をリアルに肌で感じたと話していた。
彼氏彼女の奪い合いの喧嘩で暴力事件に発展したり、
性のトラブルでは、入居者同士の個室ならまだしも、
トイレでHをしようとしているところを発見されるようなことまであるという。

「生涯現役」って男の台詞っぽいけど、
女も若さを保つのにセックスはとても大事な行為であるし、生涯現役でいられるならば何よりだ。
ベルギーの乱交パーティーで死者が出たように、高齢者のセックスは
「命がけ」という気持ちも拭えないため、吊り橋効果で快感レベルも上がりさらに燃えるのかもしれない。
本当に愛する人とセックスして朽ちるというのは、まるで映画の世界のようだ。

「男にとって最初の女になりたい」と希望する私とは真逆の友人は「『最後の女』になりたい」と言って
高齢のおじいちゃんとばかり遊んでいる。
彼女もまた、命がけの行為が愛おしくてたまらないらしいのだ。

某知恵袋サイトには
「78歳の旦那さんが74歳の奥さんと毎日1~2 回セックスをしているが体は大丈夫なのか?」 
という相談も載っていたりする。
基本的に男は、若い女が好きな生き物だと考えている私からすると
「夫婦揃って生涯現役って本当に夢物語なんじゃないのか?」と思ってしまう。
同時に、男性に受け入れられなかったら高齢者の女性同士でレズってみたりして
バイセクシャルが増えるかもしれないと期待している♪

高齢化社会における新たな性の世界に今後も注目していきたいものだ。

 

■谷川明日香/ 芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。公式ブログ、Twitterアカウント(@t_asuka)、Lagrangeオールインワンメンズケア

backno.

谷川明日香

芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。

@t_asuka

Lagrangeオールインワンメンズケア

公式ブログ

16 地球の歩き方 aruco ベルギー 2014~2015