ゴシップ

事務所の力で不倫→純愛に!? 中山美穂の美談報道を矢口“自宅不倫”に置き換えてみたら

【この記事のキーワード】
『美ST 2014年07月号』光文社/『矢口真里写真集 ヤグチ』ワニブックス

『美ST 2014年07月号』光文社/『矢口真里写真集 ヤグチ』ワニブックス

 夫・辻仁成との離婚協議中の中山美穂が、音楽家・渋谷慶一郎との不倫を「女性セブン」(6月5日号/小学館)にスクープされた。中山が離婚を決意した理由は、辻の“見た目の激変”によるものとされてきたが、これでは中山にも非があったと見られてもおかしくはない、形勢逆転ともいえるスキャンダルである。

 ……のはずなのだが、いくつかの週刊誌が後追いをするくらいで、なぜか日刊ゲンダイを除くスポーツ紙やワイドショーはダンマリ。そもそも肝心の「女性セブン」でさえ、見出しは『中山美穂に新恋人!「もう迷わない、私の人生」』と、まるで離婚が成立した後のような扱いなのだ。

 しかも、驚かされるのはその本文である。冒頭から「とにかく、恋のときめきがなかったら、ただ生きている昆虫と変わらないわ」などと、ジャンル・モローやココ・シャネル、ブリジット・バルドーの“アムール(愛)に生きた女たち”の名言を引用。「彼女たちはいつまでも女を捨てることなく、母でも、妻でもなく、永遠に女として生きている」と、まるで化粧品のコピーのような言葉が並び、一体何の記事なのか訳がわからない状態に。

  さらに、いざ話題が中山と渋谷の密会に移ってもそのトーンは変わらず、「男性はそっと手を伸ばして中山の手首あたりをつかんだ。少し驚いた様子で中山が男性を見上げると、男性は少し照れくさそうに笑った」と、歯の浮くような描写が全開。コンビニで買い求めたアイスを食べ歩きする様子などを微笑ましくレポートするのだ。

 かと思えば、妻を亡くした渋谷の苦悩をとうとうと綴り、一方で中山はフランスでの夫婦生活を原因に“何年も前から離婚を考えていた”と強調するなど、あたかも恋に落ちるのが必然だったかのような純愛小説の基本パターンを忠実になぞっていく。そして最後には、「女を捨てることなく、迷いなき愛に生きる彼女の生き方は、アラフォーといわず、全世代の女性の胸を高鳴らせることだろう」と唐突に宣言して終了……。

 まあ、なんてステキな恋愛なんだろう! と感心した人は、ちょっと待ってほしい。同じく「女性セブン」が広末涼子と佐藤健の不倫をスクープしたときは“許されざる恋”と断罪し、見出しでは『12cmピンヒール網タイツで佐藤健訪ねた「不倫」の夜』と、ご丁寧にビッチ感を煽っていたではないか。

 中山の場合は離婚協議中とはいえ、女性週刊誌は「不倫」「浮気」がもっぱらの大好物。通常運行ならば『別居中の不貞!中山美穂アイス買い食い密会』くらいの見出しになっているはずだ。なのに、今回の記事中に「不倫」「浮気」という言葉は一切見当たらない。

 もちろん、この理不尽な“扱いの違い”には理由がある。中山といえば、“芸能界のドン”から寵愛を受けてきた女優のひとり。所属事務所も、有力芸能事務所・バーニングプロダクションの直系であることは古くから知られている通りである。すなわち“事務所の力”の差によって、不貞も“純愛”となり、美談に書き換えられるというわけだ。

 それでは、不倫の発覚によって芸能界を半ば引退状態に追い込まれた矢口真里が、もしも強力な力によって守られていたらば、一体どうなっていたか。試しに、不倫をスクープした「週刊女性」(主婦と生活者/13年6月4日号)の記事を“美談”仕立てにしてみよう。

 まず、この記事は、ラブラブだった矢口と夫・中村昌也が別居しているらしいという情報からスタート。そして、小栗旬をはじめとする矢口が浮き名を流してきた男が美男子揃いである点を挙げ、矢口のイケメン好きを強調。「酔うと乱れちゃうこともあるし、結構ハメをはずすことでも有名」というヘアメーク関係者の証言を交え、本題である“男を持ち帰り、夫と鉢合わせ”をテレビ局関係者が告白。最後は「“ケンカ”という言葉では言い表せない修羅場を演じてしまった」とまとめている。これを中山の記事を参考に、矢口擁護の視点で書き換えてみると……。

*****

 <すべてが情熱で、恍惚で、熱狂である不可思議な境地にこれからはいろうとしている>。これはフローベールの名作『ボヴァリー夫人』の一節だ。いつの時代も恋は女性を輝かせる。それがたとえ夫への裏切りの上に成り立っているとしても……。きっと、彼女も同じ境地だったのではないだろうか。

 彼女とは元モーニング娘。の矢口真里のことである。先日、夫との別居が報じられ、その収入格差や子づくりをめぐってケンカしていることが原因だと囁かれてきた。それは想像以上に彼女を孤独の淵に追い込み、ひとり思い悩む日々が続いていたという。

 「ええ。それは見ていて痛々しいほどでした。ときには大勢で飲み交わす夜もありましたが、それも心の隙間を埋めるための空騒ぎに過ぎなかったのかもしれませんね」(ヘアメーク関係者)

 そんなときである。矢口に手を差し伸べたのは、ひとりの男性モデルだった。その夜、夫は地方ロケの真っ最中。

 「彼女は自宅に彼を招くのですが、夫が予定より早く帰宅し、鉢合わせしてしまったんです。たしかに夫婦の愛の巣に男を招待するなんて、世間は常識がないと言うかもしれません。しかし、それくらい彼女は真剣だったということ。愛情の強さゆえの行動だったんです」(テレビ局関係者)

 夫はすでにマンションを出て、2人は別居状態にある。而立の30とはよく言うが、矢口もついにその歳を迎え、修羅場という荒療治で新たな人生を思い定めたに違いない。女を捨てることなく、迷いなき愛に生きる彼女の生き方は、全世代の女性の胸を高鳴らせることだろう。

*****

 いささか強引な論調ではあるが、もし矢口が芸能界のパワーバランスで庇護される立場にあったならば、辻仁成が身なりの変化だけであれほどやり玉に挙げられたように、夫側へのバッシングもきっと加味されていただろう。そして、スポーツ紙やワイドショーもスルーするとなれば、いまごろ何事もなくテレビに出続けていたのではないだろうか。

 弱肉強食の芸能界、そして御用マスコミの唯々諾々ぶり……中山の“新恋人”報道は、そんなことをつくづく考えさせられる出来事でもある。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

愛はなぜ終わるのか―結婚・不倫・離婚の自然史