ゴシップ

完全オワコンサイン 新曲ではなくエクササイズDVDリリースの浜崎あゆみ

【この記事のキーワード】
『Colours』avex trax

『Colours』avex trax

 歌手の浜崎あゆみ(35)が、自身のヒット曲によるエクササイズ・プログラム『A(マーク) exercise』をリリースした。現在mu-moショップにて独占販売を行っているこの商品は、浜崎あゆみのダンサーズ&振付師ZINがレクチャー。エクササイズ効果を追求したオリジナルの振り付けをレクチャーする内容となっており、ボディ・コンディショニング、シェイプアップ、ボディ・メイキングと、目的に合わせた本格的なプログラムを収録。ライブでおなじみの振り付けも取り入れており、ダイエット目的の女性もファン目線でも同じように楽しめるようだ。

 mu-moショップ内の特設サイトによれば『A(マーク) exercise』は3枚組Complete Boxが税込み9,720円。オリジナル特典としてフェイスタオルがついてくる。

 人気歌手のヒット曲を使用したエクササイズDVDといえば、浜崎と同じくエイベックス所属のTRFによる『TRF イージー・ドゥ・ダンササイズ』が有名だろう。90年代のミリオンヒット曲に乗せ、SAM・ETSU・CHIHARUがオリジナルの振り付けを考案し、自ら指導するというものだ。2012年に発売されているが現在も売れ続けているようで、8,208円とこちらも強気な価格設定の3枚組DVDにもかかわらず、Amazonの「エクササイズグッズ」ランキングで6月19日現在も13位をマークしている。

 TRFは90年代でこそエイベックスの屋台骨として大活躍していたが、現在では露出も少なくなり、過去のヒット曲を取り上げる番組などでたまに見かける程度となっている。同じく浜崎も、2000年代にはエイベックスの稼ぎ頭かつ日本を代表する歌姫として活躍していたが、現在では長続きしない恋愛騒動や、Twitterでの忙しい歌姫アピールなどで、歌手としてよりもお騒がせ芸能人としてのポジションを確立しつつあるようだ。

 昨年行われた大規模ツアーでは、広島公演のチケットが販売サイトで余っている状態であるにも関わらず「広島2日間もギュウギュウ満員御礼ありがとうございましたー!」など盛った発言をツイートして話題となったり、今年5月も、同月末からスタートするライブに向けての多忙な日程を「自宅→LAX空港→成田空港→福岡空港→場当たり→通しリハ→ ゲネプロ→福岡空港→羽田空港→LAX空港→自宅を3泊5日で何とかやりきりました」などツイートし、ネット上では「ミサワかよ」など冷ややかな声を浴びせられていた。

 かつてはミリオンヒットを連発していた歌手として活躍していたが、エイベックスの稼ぎ頭の座を倖田來未に奪われてからは徐々に勢いを失っていき、昨年12月25日に発売された51枚目シングル「Feel the love/Merry-go-round」はオリコン週間ランキング初登場5位。2002年発売の26枚目シングル「Free&Easy」から続いていた初登場首位の記録が途絶えている。

 また毎年恒例となっているエイベックス主催の屋外野外イベント「a-nation」。今年は国立代々木競技場第一体育館で一週間開催される「islanc」と、味の素スタジアムで3日間開催される「stadium fes」があるが、今年もstadium fesの最終日である8月31日の大トリとして出演することを「最終日のヘッドライナーとして出演させて頂きます(拍手)(拍手)(拍手)」とTwitterで告知している。

 浜崎が「a-nation」大トリを務めるのはもはや恒例となっているが、2012年のステージでは、浜崎の前に登場したBIGBANGのステージが終わると会場をあとにする客が続出した、いわゆる“地獄絵図事件”があったことは今も語り継がれている伝説。私鉄の小さな駅が最寄りのため、混雑を避ける為に浜崎のファン以外は会場を立ち去ろうとしたのだろうが、帰ろうとする観客が各出口に殺到し、どこの出口にも人だかりができてしまったという状況を思い出してみても、現在の浜崎に大トリとしての資質があるとは考えづらい。それでもなお、浜崎を大トリに据え、今年も『「a-nation」の主役はやっぱりAyu!』とお膳立てするエイベックスの現状は解せないものがある。レーベル黄金期を支えた存在であるという義理か、はたまた浜崎のプライドか、この珍妙な大トリ劇はいつまで続くのだろうか。
(鼻咲ゆうみ)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

TRF イージー・ドゥ・ダンササイズ DVD BOOK ESSENCE (宝島社DVD BOOKシリーズ)