ゴシップ

「先の尖った靴とタンクトップは嫌」で女性の共感を得た蒼井優の普通っぽさ

【この記事のキーワード】
『愛媛こまち2014年6月号』アイクコーポレーション

『愛媛こまち2014年6月号』アイクコーポレーション

 公開中の主演映画『春を背負って』のPRに際し、このところバラエティ番組でよく見かける蒼井優(28)。そんな彼女が、15日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演し、「好き・嫌いな男性のタイプ」について語った。

 番組内で好きな男性のタイプは「嘘をつかない人」と話した蒼井。逆に、嫌いな男性のタイプは「表情がない人」と答え、さらに「尖った靴を履く人」「タンクトップを着ている人」も苦手だと明かした。彼女いわく、男性のタンクトップ姿に関しては「『筋肉どうだ!』って着ている分にはまだ意図がわかる」とのことだが、そうではない“お餅”みたいな人が着ているのはあまり好ましくないそうだ。

 そんな蒼井の発言に、番組MCの上田晋也(44)は「(そういう男性が苦手という人は)初めて聞いた」と驚いた様子。しかし、スタジオの観覧席の一般女性からは「ああ~」と共感の声が沸いていた。

 また、ネットでも「わかる~!」「激しく同意」とのコメントが続出し、女性ユーザーと思われる人々から多数の支持を得る結果に。先の尖った靴&タンクトップNGというのは、男性にはあまり知られていない、女性とっての“苦手な男性あるある”なのかもしれない。

 蒼井といえば、芸能界でも指折りの“魔性の女”として知られ、過去にはV6の岡田准一(33)、瑛太(31)、大森南朋(42)との交際がささやかれている。昨年には、お互いの両親への挨拶や新居の購入までを済ませ、婚約状態にあった鈴木浩介(39)に「他に好きな人ができた」というメール一通で別れを告げたことも明らかになり、清楚キャラだった彼女のイメージダウンが叫ばれる事態に。

 しかし、その半年後には三浦春馬(24)と同じマンションに移り住み、2人で三浦の愛犬を連れて散歩していると報じられ、蒼井の魔性ぶりが決定づけられた。こうして見ると、これまでの交際相手は尖った靴やタンクトップとはかけ離れたタイプであることは確かである(岡田に限っては10年前の一時期、タンクトップを愛用して「二の腕を見せたいのか?」とV6メンバーにイジられたこともあるが……)。

 自由奔放な恋愛スタイルから、どう考えても女性ウケはあまりよろしくないと思われる蒼井。そんな彼女が今回、世の女性たちに共感を得る発言をしたことは限りなく新鮮で、なおかつこれまでの彼女にはない種の親近感を生んだのではないだろうか。魔性エピソードが先行し、広末涼子(33)とともに“清楚系ビッチ”の代表格となった彼女も、結局のところそこら辺にいる女性たちと何ら変わらない“普通の女っぽさ”を持っているのだ。ただ、女優としての観察眼と演技力は抜群の彼女であるがゆえ、今回の発言も全てを見越した上でのものという可能性もなきにしもあらずだが……。
(シュガー乙子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

(ヘインズ)Hanes テレコタンクトップ 52-300 090 ブラック M