恋愛・セックス

ズル向けにしたり、包み込んだり…フェラ自慢が実践するリアルなテクって?

【この記事のキーワード】
Photo by k g from Flickr

Photo by k g from Flickr

 皆さん、フェラはお得意ですか?

 私は初体験から10数年フェラをし続けていますが、今だにコツがつかめていないように思います。なんとな〜くくわえて、しばらくペロペロしたら頃合いを見計らってやめることが多いです(要するにテキトーということです)。これまでフェラで男性をイカせたことがないわけではありませんが、決してテクニックを持っている部類ではないでしょう。

 そもそも、どんなフェラが気持ちいいんだ? 身近な男性陣に聞いてみても「普通に舐めてもらえれば気持ちいいよ」「とりあえず歯が当たらなければ」という漠然とした答えしか返ってきませんでした……。うーん、残念。

 まあ、されている方にしてみたら「あ、ソレなんとなく気持ちい~い、あふ~ん」という感覚で、具体的にどこをどうされるのが至高とかいちいち考えていないものなのかもしれません。ならば男性に聞いても仕方がないですね……。ということで、今回は自称フェラ自慢の女性たちに、対戦相手から好評だというフェラテクを教えてもらいました。

唾液をフル活用

「とにかく唾液をいっぱい口に溜めて、口からこぼれるくらいの勢いでフェラすると好評。こぼれた唾液を使って手コキも合わせてやるとさらにいい感じみたい。ただ、長時間やると唾液で手がめちゃめちゃ臭くなって、手を洗っても数日間ニオイが取れない時もあるけど(苦笑)」(26歳/販売)

 フェラには潤いが不可欠。女性も同じく、乾いた状態での愛撫よりも濡れてすべりやすい状態での愛撫の方が断然気持ちいいですもんね。デメリットは手が臭くなるということで、口に含んでもOKなイイ匂いつきのローションを使うのもいいかもしれません。

むき出しで感度アップ

「ちんこの皮が余ってたら、それを片手で根元まで寄せ集めた状態にして舐めてあげると気持ちいいって言われる。余分な皮が全部根元に集まって、ちんこ全体がむき出しになってて皮膚がピンと張ってる感じって言えば伝わるかな?」(27歳/ネイリスト)

 ズル剥けくんならその必要はなくとも、日本人には仮性包茎の男性が多いと言われていますし、この方法はすぐに取り入れられそうですね。皮が根元に寄せられることで、フェラの刺激がダイレクトに伝わるようになり感度が上がるんでしょうか?

包容力を発揮

「亀頭を舌全体で包み込むようにして舐める。舌の中心に亀頭を押し当てるようなイメージというか。その状態で強弱をつけながら舐めるのが好評です」(24歳/OL)

 舌のサイズが小さい女性にとっては至難の技になりそうなこのテクニック。亀頭の先っぽをペロペロするのはメジャーですが、舌で包み込むのはそれなりに難易度が高そうです。

合わせ技で新感覚

「ちんこに歯が当たらないようにして唇を使ってくわえつつ、そのまま上下に動きながら舌を上下左右にベロベロさせるのはよくやる。こないだ初めてエッチした人にやったら『何これ、新感覚!』って言われたよ(笑)」(23歳/事務)

 くわえ技と舌のハンパない動きのミックスは確かに気持ち良さそう! 長時間やるとかなり疲れそうですが、口回りや舌の筋肉が鍛えられて最終的に小顔効果も期待できそうなフェラですね

 今回、思った以上に具体的かつ現実的なフェラテクを伝授してもらい、リアルさが特徴であるガールズトークの醍醐味を味わった気がしました。個人的には、今までフェラ時にちんこの皮に着目したことはなかったので、軽いカルチャーショックを受けました。とりあえずこれらを片っ端から試して、彼の反応を観察したいと思います!!
(リオネル・メシ子)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

リクープ 舌ブラシ グリーン 2本セット