連載

イキにくい女が考える、3つの「イケるかもポイント」とは

【この記事のキーワード】

ルミコタイトル

 先日、私の男友達(27歳)が街コンとやらに出向き、そこで知り合った美魔女系アラフォー女性と仲良くなって見事セックスに至ったそうです。

 しかし、その男友達にとって約3年ぶりのセックスだったせいか、挿入してもイクことができなかったそうで、彼はたいそう悲しんでいました。

 それを聞いた私が彼に「じゃあ、最終的にどんな感じで終わったの? 中折れしたってこと?」と尋ねると、「うん。申し訳ないから相手だけ何回かイカせて終わった」との答えが返ってきました。

 何回か、イカせた……? 私はこれを聞いて心底驚きました。コイツ、サラッと言ってるけど、女性をイカせるってそんなに簡単なことなのか? しかも何回もって……。

 実は、私はこれまでのセックスでイッた回数はトータルでも10回程度というイキにくい女。そんな私にとって、男友達の「イカせた」報告は衝撃的なものでした。そんなにイカせられるんだったら私も1回ヤッてもらおうかな〜と思いましたが、彼は友情とセックスを両立できないタイプの人間なので、私は泣く泣く友情を選ぶことにしました。

 もちろん、セックス自体はすごく気持ちいいとは思うのですが、イクというレベルまでは達しません。それが私の中でのセックスの通常運行なので、ものすごく不満があるというワケでもないのですが、可能であればイキたいのが正直なところです。そこで、イケる可能性を高める第一歩として、自分がイケたセックスの詳細を振り返ってみようと思います。

手マンはピストン型ではなく固定型

 私は、手マンというものは大きく分けて2種類あると思っているのですが、個人的にイキやすい手マンは固定型の手マンです。念のために説明しますと、指をまんまんに入れてとにかく出し入れするのがピストン型で、出し入れをせずにまんまんの中で指を動かすのが固定型の手マンになります。固定型は、Gスポットが刺激されやすいし、膣の中をグイグイえぐられるような感覚もありとっても気持ちいい!!

 逆に、ピストン型は感じるスポットをすぐに当ててもらえればいいのですが、そうではない場合だと何も感じなく無我の境地に陥ることがあります。タンポンを出し入れしても何も感じないのと同じでしょうか。

 よって、どちらの手マンをされたかによってイク確率が変わってきます。というか、固定型の手マンをする男性の割合が少ないように感じるのは私だけでしょうか……。そっちのほうが気持ちいいのに(泣)

挿入時に高速ピストンを持続できる

 私がセックスの中で一番感じられるのは、正常位での高速ピストンです。しかし、以前からこのコラムでもお話ししているように、私はどうも早漏男性とセックスする機会が多いようで、高速ピストンをリクエストすると相手が1分未満でイッてしまうというケースに度々遭遇します。たった1分足らずでもあんなに気持ちいいのだから、5分ほど継続されたら絶対にイッちゃう自信があるんですけどねえ……。

2点責め、3点責めができる

 ここで言う2点責め、3点責めとは、まんまん+おっぱい、または挿入+クリトリス+おっぱいの類いです。挿入しながらクリトリスを刺激するように腰を動かして、さらにおっぱいを舐めることができる人は神。セックス時のマルチタスクな動きはイケる予感をもたらします。

 上記の3点が、これまでの14年間のセックスで学んだ「イケるかもポイント」です。とはいっても、その場のムードや自分の体調によっても、イケるかどうかはまた変わってくるのかもしれませんが……。

 近いようで遠い、自分と“絶頂”の距離感。それをもう少し縮めるために、私の「イケるかもポイント」に理解がある男性との出会いを熱望しています!!

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

backno.

 

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

絶頂美術館―名画に隠されたエロス (新潮文庫)