恋愛・セックス

元・モー娘。後藤真希の「地元密着志向」は若者の憧れライフスタイル?

【この記事のキーワード】

 芸能活動を休止して半年あまりは自らを「ゲーム廃人」と呼ぶほどに、引きこもり状態だったという後藤。そんな後藤を外の世界へ連れ出したのが、現在の夫だったというのだ。後藤自身もブログの中で彼のことを「彼との出会いが、再始動のきっかけにもなりました」と告白している。

 今後については、「さらなる次の展開へ進めたらと決意しています。入籍しても、もちろん芸能活動は続けていきたいと思っています」と、家庭におさまることなく精力的に仕事をしていくようだ。

 現在、キュレーション・マガジン「Alifis(アリフィス)」でチーフキュレーターを務めている後藤は、トレンドを発信する側の立場であるが、素の本人は流行には無頓着。華やかな芸能界生活を送る中でもずっと地元を離れることなく、現在も地元に自らが建てた一軒家で姉夫婦と暮らしている。地元の友達と結婚し、結婚後もその家に同居するという後藤(しかも結婚相手は、弟の友達という情報もある)。そのライフスタイルはトレンド重視というよりは地域密着型で、アンバランスさ、芸能界に染まり切らず「仕事は仕事、私生活は別」といった安定志向であるゆえ、最近話題の“マイルドヤンキー”層に好感度が高いとも言われている。彼女の現在の立ち位置は、各方面の注目をかっさらうトップアイドルではないが、ある意味、理想的なライフスタイルの著名人といえるのかもしれない。
(エリザベス松本)

1 2