連載

激流に身を任せ……ある夏の日の出来事より「チカの南蛮漬け」

【この記事のキーワード】

今回のお喋りは四万十川支流での出来事をお送りしようと思います。
旅のメンバーです。(全員登場するわけではありませんが……)

Y先輩……企画者。楽しむためには用意周到!
J子さん……Y先輩の彼女。可憐な雰囲気を漂わせつつバイクも乗りこなす。
Tっちゃん……バイクの免許取り立てで長旅に挑戦してしまった先輩。
K先輩……みんなの酒の肴であり続けた男。
TK……ワイルドで愉快な呉服問屋の息子。
Hたん……高校時代の非常勤講師かつ大学の先輩。皆に慕われている。

合流組
Mっちゃん……自由を地でいく!
S先輩……恐ろしく絵がうまい。酒の回し飲みはNG。

~~~ザッバ~ン~~~

3泊目。
四万十川の支流に来ました。こぢんまりとした流れ。
キャンプ場然! としたところではなく、丸く大きな石がゴロゴロとしているただの河原です。
なので全て自分たちで用意しなくてはなりません。
先輩がやや離れた場所に簡易トイレを作りました。材料はその辺の木と竹とレジャーシートです。
D.I.Y……

この支流は泳ぐのにも飛び込むのにもちょうど良い深さと速さの川でありました。
喜んで何度も飛び込んで泳いでいたら、
「漁場を荒らすなよ~」
スミマセン……。
すごすごと泳ぐ場所を変えました。先輩たちも漁場を変えました。
男性陣は今夜のおかずを用意すべく釣りをしていたのです。
漬け込んだ肉や仕込み済みの水餃子持参など、それまではJ子さんの下準備のおかげで充実した食生活でありましたが、
この日は釣った分が食べる分です。サバイバル。
その場で食料調達だなんて……と思いましたが、なんと大漁。
天ぷらにしてお腹いっぱい食べることができました。
……と。
なんだか皆ニヤニヤしてK先輩をからかっています。
なんだなんだ?
そう言えば釣りから戻ったK先輩がずぶ濡れになっていたことを思い出しました。
戻った時K先輩は「ちょっとね……」としか言わなかったし、大して気に留めずにいましたが……。

「そういえばK先輩、夕方なんでずぶ濡れだったんですか?」
「えっ……」

途端にみんなの笑い声が大きくなりました。

なんと……私が川を楽しんでいる間に、K先輩は川に流されていたのでした。
その場所は転びやすい所のようで、J子さんも転んでいました。
転んだJ子さんは二度とその場所に近づかなかったのですが、
K先輩は一度転び、また同じ場所で転び、しまいには流されてしまったのでした。

(飛沫)(飛沫)(飛沫)(飛沫)ザッパ~ン(飛沫)(飛沫)(飛沫)(飛沫)

最初は広い流れをゆっくり流されていたらしいですが、
大きな岩と岩の間の狭いポイントに来て急に流れが速くなってしまい!
回転しながら流されて行くK先輩。
頭まで沈んで姿が見えない。 けど、先輩が持っていた釣り竿の浮きが水面にプカプカ。
浮きを目印に呉服問屋の息子TKが走る走る。
「K~!! 大丈夫か~!?」
とは叫んだものの、浮きを追いかけて走っているうちにTKは笑いが込み上げてきたそうな。
本当に無事でなによりでしたが、K先輩は「TKは『大丈夫か~!!』と言いつつ顔が笑ってた!」と恨めしそうでした。
K先輩、浮き沈みしながらもTKの表情は見えていたんですね。
K先輩の「ちょっとね……」は、ちょっとどころの話ではないなと思いました。

~ちゃかぽこ~ (←宴の音)

宴お開き。
食事の後片付けからテントへ戻る途中、私は柔らかいものを踏んで転びそうになりました。
「ぎゃっ!!」
ぎゃっ?
夜目には慣れたつもりでいたのですが、ライトとライトの間の闇に紛れてしまったのでしょうか。
私が踏んでしまったのは気持ちよく河原に寝そべっていたK先輩の腕でした。
いろいろと腹一杯です。

揚げ過ぎて余った天ぷらを見ていたら、
J子さんが「水餃子のタレ残ってるし明日はこの天ぷらを南蛮漬けにしよう」とな。
凄い……。Y先輩とJ子さんの旅スキルにはずっと驚かされっぱなしでした。

翌日の夜は、やや肌寒い山の上でキャンプをし、南蛮漬けを食べ、酒を飲みました。
その日の話題は、K先輩が泥だらけで帰還した理由でした。
そんなK先輩を思ってか、南蛮漬けの翌朝は見渡す限りの雲海が広がっていましたとさ。

……というわけで、今回の料理は南蛮漬けです。
食感を楽しみたいというわけで「もずく酢」を、水の代わりにトマトを入れてみました。
使う魚は「チカ」 見た目が川魚っぽい(←偏見です)という理由で選びました。
先輩たちが釣った魚の名前は謎のままです。

では参りましょう。
チカの南蛮漬け

1 2 3 4 5

自意識和代

人の好意をなかなか信じられず、褒め言葉はとりあえず疑ってかかる。逆にけなし言葉をかけられて「なんて率直なんだ!」と心を開くことがある。社交辞令より愛あるdis。愛がなければただのdis。凹んじゃうよ! ラブリーかつ面倒なアラフォーかまってちゃんである。