ゴシップ

2014年版【韓流四天王】を独断決定! 歌も演技もできるイケメン強し

【この記事のキーワード】

 二人目は、「美男〈イケメン〉ですね」でグンソクとも共演したCNBLUE(シーエヌブルー)のジョン・ヨンファ。ツンデレ主人公に振り回されるヒロインをそっと見守る、という定番のおいしい役で一気に火がつきました。

 リーダーを務める4人組のバンド、CNBLUEはシングルもアルバムもオリコン週間1位をすでに奪取、10月末からは武道館を皮切りに全国アリーナツアーが始まります。ヨンファ以下全員がドラマに精力的に出演している“俳優バンド”でもあります。ヨンファはその後「オレのことスキでしょ。」でドラマ初主演を飾り、最新作は時代劇に挑む「三銃士」。

KOREA51c

 三人目は、「リダ」の愛称で知られるキム・ヒョンジュン。かつて東方神起のライバルグループだったSS501(ダブルエスゴーマルイチ)のリーダーです。「花より男子~Boys Over Flowers」の“花沢類”役でブレイクし、「イタズラなKiss~Playful Kiss」主演でとどめをさすという、日本少女漫画のワンツーフィニッシュで人気を不動のものとしました。現在はヨン様の事務所、KEYEAST(キーイースト)の所属です。最新ドラマは「感激時代」。

KOREA51d

 正直、演技力はまだ発展途上だと思いますが、それでも彼自身の不思議な天然キャラに救われているという、希有な存在です。ソロ歌手として日韓で新曲を発表していますが、当連載で以前に紹介した“タトゥーの王者”JAY PARKをフィーチャリングしたおどろおどろしい曲「Unbreakable」を発表した時は、ついにダークサイドに堕ちたか!! と心配になりましたが、その後の「Beauty Beauty」でのんきなポップ路線に戻ったので少しほっとしました。

1 2 3