カルチャー

一般人以上芸能人未満・“エビちゃんの妹”蛯原英里のうますぎる多角的ビジネス展開

【この記事のキーワード】

 このように肩書きや経歴だけを見れば、タレント活動とは無縁の一般人に見える蛯原だが、姉・エビちゃんのブレイク時に“美人姉妹”としてメディアにたびたび取り上げられ“蛯原友里の妹”と広く認知されたことをうまく利用して、「一般人以上芸能人未満」のやや美味しいポジションにいる。

 公式ブログ(芸能人御用達のアメブロ)で日々の生活の様子を綴り、お馴染み“落ち目芸能人の吹きだまり”とも称される「Ameba有名人ショップ」にも名を連ねる。こちらでは「レース、チュール、リボンなど、女の子が大好きなディテールを贅沢に詰め込んだ」よだれかけをプロデュースしている。また書籍『蛯原英里のベビーマッサージ』(主婦と生活社)、『蛯原英里の産後トレーニング』(講談社)、『蛯原英里のエルゴエクサ』(主婦と生活社)ではいずれも書名に名を冠し、表紙にも自身のポートレートを使い、“蛯原友里の妹”という肩書きを上手にビジネスに使っている。それだけでなく、「saita」(セブン&アイ出版)9月号では表紙まで飾り、インタビュー記事『蛯原英里さん「私、ママになります」』にも登場。ウェブに一部掲載されているが、本当に姉の蛯原友里にそっくりである(むしろ20代前半の頃より、そっくり度合いが増してきたような感もある)。

 「Pre-mo」(主婦の友社)8月号でも表紙を飾り、「たまごクラブ」(ベネッセコーポレーション)には連載も持つ。妊娠中に登場した雑誌は「mama Sweet」(宝島社)、「赤すぐ」(リクルート)7月号、「mamagirl」(エムオン・エンタテインメント)2014年夏号……メディア露出はきりがない。妊娠中は妊婦〜ママ雑誌を文字通り席巻してきたといってもよい状態で、タレント並の活躍ぶりだ。むしろ妊娠中ですらこれほどの需要があるのだから、出産後もこうした雑誌に登場し続ける可能性は高いだろう。

 ブログも精力的に更新している。何よりも出産直後から更新しているのに驚かされるが、妊娠中も頻繁に日々の出来事を綴っていたようだ。そちらを振り返ってみると妊婦生活を実に楽しんでいた様子が伺える。蛯原は妊娠中にやっておきたいことを「やりたいことリスト」に書き出し、それを実践するという妊婦生活を送っており、マタニティフォト、両親学級、夫との温泉旅行、4Dエコー写真撮影、マタニティヨガ、マタニティトリートメント、映画館での映画鑑賞……などなど、書き出したものはほとんどクリアしていた。マタニティブルーなど微塵も感じさせない超ポジティブな妊娠生活だ。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

インスタウォッチが日課の子持ちライター。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています

@watcherkyoko