ゴシップ

“AKBドリーム”を象徴する、松井珠理奈の13万MIU MIUサンダル

【この記事のキーワード】

 松井はかねてからAKB48のプロデューサーである秋元康(56)から特に寵愛を受けているとささやかれていた。11歳でSKE48に加入した後、秋元から「10年に1人の逸材」との評価を受け、瞬く間にグループの中心的存在に躍り出た彼女。決して派手には見えないルックスで、板野友美(23)のようなキャラでもないゆえ、夜な夜な男遊びをしているという点は確かに意外なものの、高級マンション住みというVIP待遇に関しては想定内だ。そんな豪勢な生活を送っていれば一般的な17歳と違った金銭感覚が備わることも自然といえば自然。彼女にとって、13万越えのサンダルを購入するというのは何の変哲もない日常なのだろう。以前「ブランド物には興味がない」と言いつつ、「CHANEL」の高級バッグで合コンに臨んでいたことが発覚した同グループの柏木由紀(23)も同様だが、365日フル稼働のトップアイドルはそれなりに稼いでいるわけである。そういえば、前田敦子(23)も握手会に全身MIU MIUなどのハイブランド服を着用して参加していたし、板野の愛用靴はほとんどルブタンだ。

 ともあれ、国民的アイドルとして活躍し、権力者に気に入られれば弱冠17歳にして自分の好きなハイブランドファッションを追求できるというのはなんとも夢のある話だ(それが似合うかどうかはまた別として)。そんな“AKBドリーム”を叶えられる反面、権力に身を委ねることで抱えるストレスやアイドルとしての計り知れない気苦労があるのが現実かもしれないが……。
(シュガー乙子)

1 2