ゴシップ

『テラスハウス』の後番組はヤラセオープンの恋愛ドラマ!?

【この記事のキーワード】

 この件について、発売中の「週刊ポスト」(小学館)では、フジテレビのバラエティ番組スタッフによる「10月から『テラスハウス』の手法を応用した“台本ありの恋愛番組”という構想が進んでいる」という証言が掲載されている。今回の番組終了は、視聴率よりも局のイメージを重要視する上層部の方針によって行なわれたものであり、一旦終わらせてまた次をやればいい、というのが本音だそうだ。

  “台本ありの恋愛番組”とは、いわば「恋愛ドラマ」だ。「台本は一切ございません」と謳っていた同番組が、その断り文句を排除した上で以前と同じような内容を展開するということだろうか? この微妙なリニューアルには、近年視聴率低迷にあえぐフジテレビが、同局の数少ないヒットコンテンツである『テラスハウス』をどうにかして活用したいという切実な思惑が見える。

 とりあえずの応急処置として番組を終了させ、度重なるネガティブ報道で急落した番組のイメージを取り戻すために「台本あります!」と潔く認めてリニューアルしても、そもそも同番組のウリは“リアルさ”であり、出演者たちの素人っぽさや親近感こそが人気の秘密だったはず。それが素人参加型とはいえ恋愛ドラマになれば、しらじらしいコントじみたものになりかねない。なにより、オシャレでカッコいいイメージをでっちあげることで大型スポンサーとの大口契約を結んでいたのに、元も子もないのではないだろうか。

 今回の番組終了と改変は吉と出るのか、それとも凶と出るか……。
(ルイコスタ松岡)

1 2