連載

彼氏をDVや浮気をするダメ男に成長させてしまいます。

【この記事のキーワード】

恋愛ができないんじゃなくて、恋愛の仕方がわからないんでしょうが!!」

でも全然恥ずかしいことじゃないのよ。
恋愛すると面倒なことがたくさん自分に降り掛かることもあるのですから、経験しないと誰だってわからないわ。
自分の思い通りに相手を動かしたいのであれば、
心のハンドルとブレーキの操作を上手にこなさなきゃダメなのよ♪

ちょっと!!
あなたの心のハンドルはちょっと下半身に寄りなんじゃない??
これだから「ボディーコミュニケーションはタイプであれば誰とでもしたい」って言えちゃう人は困るのよね。

あなたは「愛」の安売りというか、「本物の愛」を知らないのでしょうね。

KENJI美タミン注入!!

「本物を知れば、偽物に気がつく!!」

恋愛って本当に面倒なのよ~。
特に最初のうちは、頭の中が彼一色になっちゃうから常に考えちゃうのよね。

「今、彼が浮気していたらどうしよう……」
「FacebookのタイムラインではオンタイムになっているのにLINEが既読にならない……」
「今日の夜の予定をハッキリ教えてくれない……」

相手を信用していないわけでもないのよね。
ただ、一緒にいて欲しい時に限って一緒にいてくれなかったり、
他人の惚気話を聞いているうちに「私って愛されているのかな?」って不安になっちゃうのよね。

だからといってボディーコミュニケーションに走るのも間違っているわ!!

まずは、自分の考えを改めなさい。
自分が変われば相手も変わります。 

「彼のことを考えているもん」「思いやりもあるもん」
じゃないわよ!!
その考えこそ独りよがり。
きっとあなたみたいな人は、相手が喜ぶことをとことんしてあげちゃうタイプなんでしょう。

してあげるにも限度があるわよ!!

みーさんは恋愛のグレーなお色も覚えたほうがいいわね。
中間色がないから飽きられるし、ウザがられるのよね。
もう少し人として「適度な距離感」を保つ努力をしなくちゃ。

そして、
人の過ちを許せる力を養いなさい。

誰一人完璧な人間なんていないわ。
「DVされた」「浮気された」と嘆く前に、まずは自分の行いを改めるべきよ。
もっと、強くなりなさい!
この恋愛中学生が!!!!
まだまだ青いのよ!!

あなたの成長に期待しております。

KENJI拝

★相談受付は終了いたしました★

■KENJI(汚ブス研究家)/年間女子会に408回呼ばれる社長No.1。ニューカマーな♥おネエキャラ♥で、テレビ・ラジオ・雑誌に多数登場。10代〜80代までの幅広い年齢の女子会やマダム会をプロデュースし、2,000人以上の“汚ブス”な女をズバズバ切る『汚ブス研究家』。”汚ブス”とは「思いやりのない人」「ブスッとした表情の人」「隙だらけの人」のこと。学生時代には教員免許も取得し、専門学校などで講師としても活躍している。株式会社スリースマイル代表取締役・荒井健治としての顔も持つ。
個人サイト:http://kirekawa.in
ブログ:http://ameblo.jp/threesmilesmilesmile/

 backno.

1 2

KENJI

年間400回以上の女子会をプロデュースし、内面汚(お)ブスの本音を炙り出す。おネエキャラでテレビ、雑誌、イベントMCなど多数活躍!高校、大学ではマナー講師も。FBS『クロ女子白書』(深夜0:54)レギュラー出演中/著書『女子会のお作法』(産学社)

@obusukenji

株式会社スリースマイル

KENJIオフィシャルBLOG