連載

食欲の秋、料理漫画の「おいしい根拠」に萌える!

【この記事のキーワード】

 1986年発売の『ミスター味っ子』(講談社)を皮切りに、『将太の寿司』(講談社)『喰いタン』(講談社)と人気料理漫画のヒットを飛ばす寺沢大介氏は、おいしさの根拠を提示・解明することもあれば、まったく現実的ではないでたらめなシチュエーションで大いに笑わせてくれることもある。

 小学生が一人でふらっと養鶏場に出向いて軍鶏をもらって来たり、食いしん坊の探偵がトラック二台分のお弁当を一人で平らげたり、どう考えても無理だろうという出来事を惜しみなく提供してくれるところが漫画の最大の魅力である。海苔を巻いた「軍艦巻き」ではなく、握りで芽ネギを出す描写には、日本中の寿司職人から「いくらなんでもそれは不可能だ」と突っ込みが入ったという噂が流れ、大笑いしたものだ。

 家族や仲間とのお料理ヒューマン系の代表格としては、1985年から連載を継続している『クッキングパパ』(講談社)、ゲイカップルの食卓を調理工程とともに紹介する『きのう何食べた?』(講談社)、ポルトガル人の女の子の貧乏レシピが人気の『くうねるまるた』(小学館)、魚戸おさむ氏の『玄米せんせい』や『ひよっこ料理人』(小学館)などが有名どころだろうか。

 最近ドラマ化された作品の中では『深夜食堂』(小学館)、『孤独のグルメ』(扶桑社)、『たべるダケ』(小学館)なども人気が高い。料亭やホテルの調理場が舞台の作品は、『味いちもんめ』(小学館)、『ザ・シェフ』(日本文芸社)、『おせん』(講談社)、『食キング』(日本文芸社)等。『築地魚河岸三代目』(小学館)の魚の知識も有り難い。

 当方は、ほっこり系のイメージ推しよりも、現実的な根拠を提示する作品の方が好きなのだが、より好きなのは、なぜかいきなり死闘を繰り広げるガチンコ中華料理バトル系である。

 特級調理師を目指す少年が、いつの間にか裏料理界と命を掛けた勝負に挑む『中華一番!』(講談社)。中華の覇王と呼ばれるおじいちゃんに鉄拳制裁の英才教育を受けた、性格のねじ曲がった凶暴な主人公が、「料理は勝負だ」という哲学と共にライバルを蹴落としていく『鉄鍋のジャン』(秋田書店)。

 用意されたバトル会場の設定も、同じ人間とは思えない離れ業の数々も、それぞれに背負うものも、とてつもなく壮大。その大げさなスケール感覚の剛を、柔よく制するがごとく、普段見慣れぬ食材や調理法の説明、化学的根拠を丁寧に示してくれるところに、漫画の包容力を感じる。もっとも、スケールが大きすぎて、レシピをまったく真似できないあたりが寂しい限りだ。

 一番好きなのは、1973年に発表された『庖丁人味平』(集英社)以下、『スーパー食いしん坊』(講談社)、『一本包丁満太郎』(集英社)などでおなじみ、ビッグ錠先生! 『スーパー食いしん坊』では、寸胴型の缶にバターライス、中央にはルーを仕込んだ竹筒を入れてバナナの歯でくるみ、真夏の砂浜に埋めて保温。折りを見て竹筒と缶を抜き、寸胴型に固まったお米のタワーをパイナップルのように輪切りにして提供する、脅威の「タワーリングカレー」を開発。

 絶対に輪切りにならない。中央のルーもこぼれる。でも、中華包丁を使えばなんとかなる、気もする。と、実現可能かどうか考え始める一方で、どうしたらこんなことを考えられるのだろうかと、そのアイデアの着想にドキドキさせられる。同時に、お腹をかかえて大爆笑してしまう多幸感を存分に味わえる。

1 2 3 4

林永子

1974年、東京都新宿区生まれ。武蔵野美術大学映像学科卒業後、映像制作会社に勤務。日本のMV監督の上映展プロデュースを経て、MVライターとして独立。以降、サロンイベント『スナック永子』主宰、映像作品の上映展、執筆、ストリーミングサイトの設立等を手がける。現在はコラムニストとしても活動中。初エッセイ集『女の解体 Nagako’s self contradiction』(サイゾー)を2016年3月に上梓。