連載

からだを整える…つもりが謎だらけの施術を受けた代替医療「オステオパシー」体験談

【この記事のキーワード】

 そしてようやく施術がはじまります。しかし、これが謎に満ちたものでした。これ以前に数回別の整体院(オステオパシーではない)に通った経験があるのですが、そこではすぐに身体を揉んだり押したりがはじまっていたのに対して、ここでは最初の30分ぐらいは先生による触診です。いろんな体位(変な意味ではない)を指示されているあいだ、先生は身体のいろんな場所を触って、なにかを調べているようです。先生がなにをしているかは一切説明がありません。先生は小声で「うん」、「あれ?」、「あ、はいはい」とたまに声を漏らすのが、少し不安を呼びます。こちらは完全に置いてきぼりですが、どうやらなにかがわかりつつあるらしい。

 私のお悩みポイントが顎だったせいか、その触診は口の中にまでおよびましたが、一番の謎は、耳のさまざまな部分をじっくりと触られまくったことです。15分ぐらい左の耳を、あらゆる触り方で触られました。その手つきは餃子の皮を包む職人が芸術的なひだを作るようでした。嫌らしい感じでも、くすぐったくもありませんでしたが、ひとしきり満足いくまで触り終わったらしい先生は「このあたり(後頭部、左耳の後ろあたりを触って)が硬くなっているんですよ」と一言。「え……!? 耳を調べてたんじゃないの?(そして硬くなっているとどうなの?)」とここでも置いてきぼりにされてしまいました。

 触診の結果は施術の最後に伝えられましたが、どうやら「左耳の後ろあたりが硬くなっている」、「仙骨が硬い」、「呼吸のときに5番目の胸骨が下がらない。硬くなっている」らしいです。ただし、やはり最後まで硬くなっているからなにが悪いのかは明らかにされませんでした。

 触診後の施術もこれまでの整体のイメージと違っています。ほとんど揉まないし、関節を鳴らしたりもしませんでした。指定された体位で深呼吸を指示され、吐ききった瞬間に、先生の体重がグッと身体にのせられます(ちょっとそのとき苦しい)。そのグッと体重がのるのも、一カ所につき一度のみ。繰り返しは一切ありませんでした。それで私の身体のなにかは調整されるらしく、先生は触診でチェックして「うん」、「あ、動いてる」とまた小声で言います。

 一切の謎の解決がないまま、全体で約60分の時間が流れました。料金は5200円。これが高いのか、安いのかもわかりませんが「どうですか、顎の調子は?」と訊ねられると「うーん、心なしかちょっと楽になったような……」と思わず応えてしまうのが人情(?)。帰り際には「これから1週間、2週間で身体の調整作用が働きますので、様子を見てみてください」、「今日のお風呂はシャワーぐらいにしてください。あと常温の水をたくさん取るようにしてください」と伝えられました。

 ……以上が、私のオステオパシー体験記になります。総括すると「怪しい感じではないが、謎だらけ」という感想になってしまいますが、オステオパシー整体が大抵こんな感じであれば、是非、この置いてきぼりの施術を味わっていただきたい気持ちがあります。ただ、施術の日から1週間ほど経った今も、顎の調子は劇的に改善! という感じには至ってないのが強くオススメできないポイントであり、また微妙なんですが……。

■カエターノ・武野・コインブラ /80年代生まれ。福島県出身。日本のインターネット黎明期より日記サイト・ブログを運営し、とくに有名になることなく、現職(営業系)。本業では、自社商品の販売促進や販売データ分析に従事している。

 

1 2 3

カエターノ・武野・コインブラ

80年代生まれ。福島県出身のライター。

@CaetanoTCoimbra