連載

謎の生態が明らかになった“マリモ”に思いを馳せながら…「小松菜と秋鮭のグラタン」

【この記事のキーワード】

「秋鮭と小松菜のグラタン」
材料(4人分)

秋鮭 4切れ(280gくらい)
しめじ 1パック
玉ねぎ 1/2個
小松菜 一袋
マカロニ 120g
とろけるチーズ 100g~お好みで
牛乳 600cc
バターまたはマーガリン グラタンソース用50g・仕上げ用10g
小麦粉 大さじ5
コンソメ 2個
小さじ1/4〜1/2(1.25〜2.5cc)
コショウ・乾燥バジル 適量

 

 

 

 

IMG_7968

集合写真

 

 

IMG_7850

バター50gはソース用で10gは仕上げ用です。
予め容器にとって冷蔵庫に入れておきます。

 

 

IMG_7854

身を触るとチクチクとした感触が。
むっ……これは……骨……。

 

 

IMG_7855

骨抜き用の調理器具があるといいのですが、持ってないので手で抜いてしまいました。
直接爪で身をつままないように、身をグッと押さえて骨をビヨッと出してから抜きます。

 

 

IMG_7851

皮をはぎます。

 

 

IMG_7852

皮をぐっとつまんで、
身を削ってしまわないように、刃先を皮に斜め下に押し付けるように上下します。
……って言いながらも、ちょっと削ってしまったけどね……。

 

 

IMG_7853

べろん

 

 

IMG_7857

脱皮しました。
ここまでの骨抜き・皮剥ぎ処理がされた切り身が売ってあるスーパーもあります。
この日は入手できませんでした。

 

 

IMG_7860

一口大に切ります。

 

 

IMG_7862

塩・コショウ・乾燥バジルを少々振って軽く揉みこみます。

 

 

IMG_7864

「はーい。ごはんだよ~!!」

 

 

IMG_7865

なんつって。
手で半分に割っていしづき部分をカットします。

 

 

IMG_7866

そろそろマカロニを茹でる湯を沸かそうかの。
しめじは手で裂いて、
玉ねぎは5mm幅くらい・小松菜は4cm幅くらいにザクザク切ります。

1 2 3 4

自意識和代

人の好意をなかなか信じられず、褒め言葉はとりあえず疑ってかかる。逆にけなし言葉をかけられて「なんて率直なんだ!」と心を開くことがある。社交辞令より愛あるdis。愛がなければただのdis。凹んじゃうよ! ラブリーかつ面倒なアラフォーかまってちゃんである。