連載

謎の生態が明らかになった“マリモ”に思いを馳せながら…「小松菜と秋鮭のグラタン」

【この記事のキーワード】

IMG_7870

秋鮭・しめじ・玉ねぎ・小松菜の下準備完了~。
お湯が沸いたのでマカロニ投入~。
硬めに茹でます。
今回は早茹でタイプを使ってみました。通常茹で時間4分のものを2分で止めました。

 

 

IMG_7872

くっつかないようにほぐします。

……私もほぐされたいわ(ボソッ……)

 

 

IMG_7875

茹であがり。
すぐさまオリーブオイルをまぶして流し台でザルをあおって混ぜます。

 

 

IMG_7819

超・弱火。

 

 

IMG_7877

小麦粉を弱火で1分ほど炒めます。
焦がさないように鍋底をいつもさらう感じです。

時間がない方は炒めない代わりに、温めたバターと小麦粉をスプーンで予め練り合わせておくという手もあります。
でも……でも……炒めたい……。
グラタンの思い出で残っているのはこの光景だけなんですわ。

 

 

IMG_7821

バターを入れて混ぜて練っていきます。

 

 

IIMG_7880

こんなもんでしょうかね~。
青い光は携帯の充電器ランプです。
(どうでもいい)

 

 

IMG_7886

オリーブオイルを入れてしめじと玉ねぎを炒めます。

 

 

IMG_7888

油がまわったら、

 

 

IMG_7889

秋鮭投入。

 

 

IMG_7890

秋鮭に焼き色がついてきたら、

 

 

IMG_7891

牛乳を入れます。
コンソメも入れて、木べらでグシグシと潰しながら煮ます。

 

 

IMG_7892

吹いてまいりました。

 

 

IMG_7893

練ったバターと小麦粉、塩を小さじ1/2を入れてひと混ぜします。

 

 

IMG_7895

マカロニを入れてほぐし、

 

 

IMG_7896

小松菜をワサッと入れてしんなりさせます。
最後に味を見て塩分を調節します。

 

 

IMG_7901

具材を鍋から耐熱皿に移し、とろけるチーズをのせ、その上に仕上げ用のバターをのせます。
(新入りの大きな耐熱皿よ。よろしくね♡)

 

 

IMG_7902

オーブンで200度・15分くらい焼きます。

 

 

IMG_7913

秋鮭と小松菜のグラタン 完成です~!!

 

 

IMG_7917

秋ですね。

 

 

IMG_7969

おまけ
「メロメロに したい・されたい 狂いたい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1478 - バージョン 2

割烹和代 ~fin~

■自意識和代 / 人の好意をなかなか信じられず、褒め言葉はとりあえず疑ってかかる。逆にけなし言葉をかけられて「なんて率直なんだ!」と心を開くことがある。社交辞令より愛あるdis。愛がなければただのdis。凹んじゃうよ! ラブリーかつ面倒なアラフォーかまってちゃんである。

backno.

 

1 2 3 4

自意識和代

人の好意をなかなか信じられず、褒め言葉はとりあえず疑ってかかる。逆にけなし言葉をかけられて「なんて率直なんだ!」と心を開くことがある。社交辞令より愛あるdis。愛がなければただのdis。凹んじゃうよ! ラブリーかつ面倒なアラフォーかまってちゃんである。