連載

「◯◯が完璧すぎて結婚できない」アラフォー俳優・戸次重幸の憂鬱

【この記事のキーワード】

 なんでも、付き合った彼女が作ってくれた手料理をいったん褒めながらも、味付けが気になるとやんわり「もっとこうしたほうがいいかも」とアピールしながらどんどん勝手に調味料を足して、自分好みの味に調整してしまうらしい。

「あと、ひと手間ふた手間で、もうちょっと(美味しくなる)という時にどうしてもやっちゃうんです」
「どうせ食べるなら美味しいものがいいじゃないすか~?」

 と言う戸次プロ。また、彼女が自分の部屋を掃除してくれた時には感謝しながらも、すぐさま隅々までチェックして拭き残しなど粗が気になってしまうと、せっかく彼女が掃除してくれても、結局は戸次プロによる大掃除が始まるのだとか。ヤバい! これはかなり感じ悪いかも~!

 洗濯に関しても同様に戸次プロによる優しいダメ出しが入るらしい。彼女がやる全ての家事に対して、感謝しながら決して頭ごなしに否定はしないものの、どうしてもひと手間ふた手間どころじゃなく、たくさんの手間をプラスしてしまうという戸次プロの悲しい性。

 何をするにも彼に後から手を出されると、自分のやったことが否定されたような気分になり、彼女の家事に対するやる気は失せてしまうかもしれない。そしていつしか彼への気持ちも離れていってしまうという悪循環に陥るわけか。結婚への道のりがだいぶ遠くなるのも無理はないかも。

 一連の戸次プロの行動を見かねた取材スタッフから「(家事の粗を彼女に最初から)ズバッと言えばいいじゃないですか?」とアドバイスされたが、

「亭主関白とか、そういう勇気はないのです……」

 と自信なさげにしおらしくつぶやく戸次プロであった。彼女に対しては強く出られないものの、家事に関しては溢れ出る自信があるせいか、

「(家事は)簡単だと思うんですけどねぇ、本当マニュアルですよ。それが出来ないのであれば、僕がやりますよ! ってだけですよ」

 と、力強く語っていた。そうだ! そうだ! はじめっから家事は全部戸次プロにやってもらったらいいのだ。下手に女子力を発揮しようとして家事をやってみても、プロには粗が見抜かれてしまうのだから。

 この放送を見た家事が苦手か、むしろできればやりたくないという独身女性の方々にしてみれば、戸次プロは願ったり叶ったりの旦那さん候補ではないだろうか? ちなみに戸次プロの好きな女性のタイプは「セクシーでグラマーな人」だそう。

 スタジオにいた婚活アドバイザーの山田由美子さんからも「なんにも出来ない女性を選べ」「大女優みたいな人がいい」とアドバイスされていたので、ひょっとしたらいつか戸次プロがセクシー大女優と結婚する日が訪れるかもしれない!? 家事も完璧にできて子供好きというとっても家庭的な魅力が最大限に活かされた戸次プロの吉報を楽しみに待ちたい。

■テレ川ビノ子 / テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

backno.

 

1 2 3

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!