ゴシップ

妊婦ウエディング、妊婦ビキニ、微妙な手料理…妊娠のたび脳内花畑が広がるhitomi

【この記事のキーワード】

 ブログをさらに遡って見ていくと、9月12日の記事では検診での胎児の3Dエコー写真もアップ。“全く見たくないものランキング”が存在するとしたら、自分は1位に他人の胎児のエコー写真、2位に妊婦ヌードを挙げるが、hitomiはその両方をやってのけた強者である。さらにダメ押しのごとく、7月には妊婦水着姿で砂浜にいる写真がアップされている。hitomiのブログには全く見たくないものが目白押しだ。

 料理については、2度目の結婚当時の2010年、真夜中にラーメンを食べていたり、ラーメンがブログに登場することがたびたびあったが、最近では手料理写真を積極的にアップするようになった。2010年当時の手料理は、お皿にポツンと固められて乗ったおひたしのようなものに、固そうな肉じゃがのみ……という、料理を覚えたての大学生のようなクオリティだったが、今年に入ってからはグリーンカレーやグラタン、八宝菜などといったラインナップで、かつてと比べれば格段のスキルアップを感じる。とはいえ、ミッキーの皿に無造作に梨が置かれていたり親子丼が親子丼然としていなかったり、器選びから盛りつけまでのセンスのなさは伺える。

 妊婦ヘアヌードをはじめとした一連の振る舞いは、マタニティハイにも見えるが、現在の様子は“38歳で3度目の結婚を果たしたイケてる私”という自己像に酔っているようにも見える。記事ひとつひとつから、“枠にとらわれず女として人生を謳歌しているんだ”、というhitomiの叫び声が聞こえて息切れがしそうである。

 2度目の離婚後、3度目の結婚前である昨年4月放送の『踊る!さんま御殿!! 山あり谷ありバツあり芸能人VS結婚に憧れる芸能人SP』(日本テレビ系)に出演した際、1人目の夫からも2人目の夫からも「俺はお前のマネジャーじゃないんだ」と言われたことがあると明かしている。hitomiは自分に酔いしれるあまり人生の伴侶である夫を尊重できなくなってしまうのかもしれない。しかし、かつての夫たちによるこうした指摘を顧みなければ「どう思われようとも自分なりに自分らしく進んでゆこうと思います」という決意表明も、自分勝手な行動を言い換えているだけと受け取られかねないのではないだろうか。今度の結婚では、夫をマネジャー扱いすることなく、息の合った夫婦になってほしいものだ。
(ブログウォッチャー京子)

1 2

ブログウォッチャー京子

インスタウォッチが日課の子持ちライター。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています

@watcherkyoko