ゴシップ

松たか子・結婚7年目の妊娠がもたらした2つの良い効果

【この記事のキーワード】

 不仲が報じられていた佐橋氏と幸四郎だったが、妊娠を機にようやく雪解けムードが高まっているようだ。2日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、今年8月に開催された幸四郎の72歳を祝う誕生日パーティに揃ってむかう松夫婦の写真を掲載。都内のフレンチレストランで開かれたパーティは三時間半にも及び、終了後、にこやかにほほ笑む松と幸四郎の姿も掲載されている。

 同じく「女性自身」(光文社)の記事では、今年9月に開催された佐橋氏の「30周年記念公演」に現れた幸四郎の様子が書かれている。客席には幸四郎夫妻、松の兄である市川染五郎の姿があり、家族は揃ってステージで佐橋氏のギターをバックに歌う松の姿を見守っていたというのだ。なお、ここでも松は「ありのままで」を歌うことはなかったらしい。もしかしたら周囲の評判に反して、松自身はそんなにあの曲に強い思い入れはないのかもしれない。

 これまでのわだかまりが解け、あらたなる一歩を踏み出したように見える“実父と夫”。松が出産後に快適な生活を送れるように、すでに松本家の改築工事も始まっているらしい(それはそれで、産まれた子供がガッツリ松本家に取り込まれてしまいそうで、怖いような気もするのだが)。いずれにしろ来春、松から出産報告が聞けることを楽しみに待ちたいものである。
(エリザベス松本)

1 2