ゴシップ

松嶋菜々子が激老け? 干され、糾弾、ドーベルマン事件等の負荷

【この記事のキーワード】

 業界内に吹き荒れる松嶋バッシングにより、来年1月以降の彼女のスケジュールは白紙状態だという。愛犬のドーベルマンが、近隣住民に咬みついてしまったことによる「ドーベルマン訴訟」も、暗い影を落としている。しかし、今年5月にカンヌ国際映画祭(松嶋の出演作品・三池崇史監督『藁の楯』が出品)に登場した時の松嶋は、まだまだ現役の輝きを見せていた。

 顔の表情に寄るのではなく、ブルーグレーのタイトなドレスを纏った全身をうつした何枚ものスナップはさすがの一言で、ネット上でも「ドーベルマン姐さんかっこいい」「高身長で小顔、首・腕・脚のバランスも完璧」「(カンヌ出席した)真木よう子や尾野真千子を公開処刑してるレベル」と絶賛されたものである。様々な負荷によって干されつつある松嶋だが、まだまだ現役女優としてやれるはず。ペース配分は本人次第だが、禊期間を経てまた活躍を見せてほしいものだ。
(清水美早紀)

1 2