ゴシップ

バラエティを席巻する浅田舞に「真央ちゃんの立場も考えて」との批判は妥当なのか?

【この記事のキーワード】

姉妹格差を突き付けられた思春期

 『サンジャポ』での舞について、視聴者からは「こんなに暴露して何がしたいの?」「妹と恋愛の話題しかできない」といった冷めた声のほか、「真央ちゃんの立場も考えて」と真央ファンからの批判があった。もはや、舞がバラエティ番組に出演すると、その都度「真央ちゃんの立場を~」とのコメントがわくのがパターン化していると言っても過言ではない。しかし、舞のタレント活動と、真央のアスリート活動は別物。舞が、真央のプライベートを面白おかしくネタにするだけのタレント活動を展開しているならまだしも、彼女自身の恋愛観やギャル時代のネタがメインなのだから、さほど批判される筋合いもないように思われる。

 なにより、舞自身が語るように、彼女は彼女で、優秀な妹と比較され続ける苦しい時期を経てきた。“浅田真央の姉”としてしか扱われず、真央のために自分を犠牲にしたこともあるはずだ。いまはバラエティ番組でクラブ通いをネタにできるほど吹っ切れているのかもしれないが、思春期に妹との格差をこれでもかと突きつけられた舞の心境を考えると、当時の姉妹の確執はかなり深いものだったのではないかと考えられる。

 ただ、真央が休養している今シーズンだからこそ、こうしてメディアで舞自身が注目を浴びる番が回ってきたわけで、来年以降の姉妹の活動がどうなるかはわからないが……。
(ルイコスタ松岡)

1 2