ゴシップ

元極楽とんぼ・山本圭壱がテレビに復帰すべきでない理由

【この記事のキーワード】

 この事件について、山本や吉本興業からの詳細説明は現在に至るまでない。そのせいか、ネット上では「美人局に遭ったのでは」「示談なんだしもういいだろ」という無責任な意見までさも当然のように語られてしまっている。

 週刊誌報道ではたびたび、芸能界追放後の山本の動向を追った記事が作成され、「肉巻おにぎりを販売している」「サーフィンインストラクターになった」「寺修行に入ったはずだが、相変わらず女遊びが盛んだ」等々の情報が流出した。特に、週刊誌系メディアの論調では、山本が“反省して真面目に生きている、とアピールをすればいいのに、女遊びをやめない”ことについて「あ~あ」とため息をつくものが多いのだが、山本の芸能界復帰を阻害するのは、そこではないだろう。

 事件に関わった少女本人はもとより、性犯罪被害者にとって「加害者の元気な姿をテレビ等で見てしまう」ことほどの恐怖はない。山本の事件に直接かかわりがない人間であっても、「山本は性犯罪加害者だ」との情報を持っている以上、被害体験がフラッシュバックしてしまう懸念も容易に想像できる。表舞台に出るならば、そこを曖昧にしたままでは絶対にいけない。メディアとして興味本位や面白半分で山本の現状を取り扱うこと自体、控えたほうがいいくらいである。

 「今は真面目にやってます」「寺修行で煩悩捨て去りました」「一般の仕事を頑張ってきました」→「だから復帰したっていいじゃないか」という単純な論理は、性犯罪被害に遭う側の意識を微塵も考慮していない。山本の復帰を応援し、持ち上げる周囲の芸人たちにとっては、「セックスくらいでガタガタぬかす女こそが悪い、山さん可哀想!」なのかもしれないが……。

 「女性自身」「FLASH」(ともに光文社)の記事によれば、山本には東京での豪勢な暮らしを支援してくれる“タニマチ”男性がおり、山本自身は芸能活動にたいして意欲的ではないという。であれば、わざわざ衆人の目に晒される職場を選ぶ必要はないだろう。もう「山本復帰か!?」という話題はこれきりにした方が良いのではないだろうか。
(清水美早紀)

1 2