連載

「友達以上恋人未満」の淡い恋は、××によって突然幕を閉じた…

【この記事のキーワード】

弁護士からの着信で判明したこと

 それから3日ほど経って、私の携帯に知らない電話番号から着信がありました。出てみると、なんと相手は弁護士さん……! そう名乗られた瞬間、「私は知らない間に罪を犯してしまったのか?」「もしや、私が知らなかっただけで過去のセフレの中に既婚者がいたのか? 不倫? 慰謝料請求?」とパニック状態に陥りましたが、よくよく話を聞くと、その弁護士さんはセフレの彼の弁護人とのこと。それもまた意味がわからず、パニックに拍車がかかったのですが、落ち着いて聞いてみると彼はあの日、私の家に着く直前に何らかの事件を起こし、逮捕されていたということでした。詳しい内容は伏せますが……。

 彼はあの日に私との約束を破ってしまったことを気にかけ、弁護士さんにお願いして私に「心配しないでほしい」と伝えたかったようです。電話の雰囲気だと、弁護士さんは彼と私を恋人同士として認識しているようでした。弁護士さんに彼の様子を聞くと「元気」だとのことで、とりあえず生きていることがわかったのでホッとしました。

 その一方で、彼が逮捕されたという事実が重くのしかかってきました。共通の友人によると、彼はそう遠くないうちに出所できるとのことですが、この一件で私の淡い恋心は一気に吹き飛びました。彼を嫌いになったというワケではないけれども、以前のように接することができる自信がないと言いますか……。逮捕なんて事柄とは無縁のように見えたのに、実は彼にものすごくダークな部分があることがわかって、なんだか怖くなったのです。

 思い返してみれば、彼のように「好きなのかも?」と微妙な気持ちを抱いた相手とはことごとくうまくいかなかったような気がします。何度もデートを重ね、「ちょっと好きかも?」と思い始めていた直後、相手の男性にゲイだとカミングアウトされたり。逆に、「やばい、好きだ―!」と最初から気持ちが盛り上がっていた時には、その後もスムーズに交際が始まることが多い傾向でした。

 今回の彼の逮捕事件を振り返って、「好きかも?」から一向に気持ちが進まず、モヤモヤ期間が長引く時は自分の中の潜在意識が「いや、やめとけ!」とNGを出している可能性もあるのかなと感じました。もし私が彼のことを本気で好きになっていた後に逮捕されていたらもっともっと悲しい思いをするハメになっていたと思いますし。ちょっとした引っ掛かりが、後々の危機回避につながることもあるのかもしれません。

 ■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

backno.

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。