連載

「経験しておけばよかった」結婚後に初めてセックスレスを味わう苦悩

【この記事のキーワード】

元ビッチ「確かに今の状態はすごくツライから、たまには私の誘いにも乗ってくれたら嬉しいとは思うよ。でもさ、拒否されてる以上、もう何もできなくない? 乗り気じゃない相手に無理矢理させるものでもないしさ。セックスする相手がひとりだけで、その相手に拒否されるってホント逃げ場がないよね。とはいってもさすがに不倫に走る気はないし……。だから、セックス以外で夫婦生活の幸せを見つけていくのが現実的なのかなとも思ってる」

 ビッチが繰り返してきた刹那的なセックスと、日常の一部となる結婚後のセックスは真逆の性質を持っているような気がします。ある日を境に日常的習慣がなくなっていくことは誰にでもあるし……となると結婚後に日常と化したセックスの頻度が落ちるのも自然といえば自然です(結婚後もセックスを非日常体験として捉えられるような努力ができればいいのかもしませんが、毎日仕事や生活に追われることを考えるとあまり現実的ではないかもしれません)。

 問題は話を聞いた友達のように、夫婦どちらかがそれに大きな不満を抱えている場合。妻の誘いは全て断り、自分がしたい時にだけセックスする旦那さんなんてひどすぎますね(怒)。妻はダッチワイフじゃなーい!!

 とはいえ、“性欲があって当たり前の状態の男性”しか知らないのは確かによくない気がしました。私もセックスレス耐性をつけておこうかな……。

 ■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

backno.

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。