連載

アメリカ人はセックスを○○にたとえる! では日本人なら何がぴったり?

【この記事のキーワード】

 じゃあ、ひとり1枚食べるのはオナニーにたとえられるだろうかと考えてみたのですが、量的に厳しいと判断しました(おそろしいことに私は、生理前で凶暴な食欲を覚えて、デリバリーピザをまるまる完食したことがあります。必ず気持ち悪くなるのですが、何度かくり返しました)。これは別のものにたとえたほうがよさそうです。そもそも、セックスとオナニーって別物ですしね!

 セックス=ピザ論に納得しましたが、もっと日本人の感性に合うたとえはないかしら……と考えをめぐらしたところ、まず思いついたのが〈〉でした。ちょうど冬ですし、ふたりでしっぽりと鍋をつつくというシチュエーションって、それだけでもなんとなく性的な連想を喚起させられます。

momoco80b

みぞれ鍋、超〜旨そう!  Photo by tepe777 from Flickr

 私と彼も鍋をするときは何をベースにするか、何を入れるかからよく話し合います。彼は時間をかけて出汁をとるなど下準備に時間をかける人です。私は雑だし、食べるとなったらすぐに食べたい派なのでそこまで時間をかけません。そうした性格の違いは、まさしくベッドのうえでも現れているように感じます。出汁がよくないとその後に何を入れてもたいしておいしくない、という彼の主張も、セックスのたとえと考えると、とても含蓄があるように思えますね。

 近年は毎年のようにニュータイプの鍋が紹介されますが(今年だと塩レモン鍋とか)、私はそういう流行のものにすぐ飛びついてしまいます。これも、次々とバイブを買う性分と共通しているかもしれません。締めをどうするか問題も、最初から決めているときもあれば、食べながら決めるときもあります。それまでお腹いっぱいになりすぎて、まぁ締めはいいかなとこだわらないときもあります。翌日朝、あらためておじやにしてもおいしいし!

 人によっては「いや、鍋じゃないよ、お好み焼きだよ!」「焼肉かも」という人もいるでしょうし、「ケーキにたとえたい」という人もいるでしょう。もともと食はエロスを、エロスは食を想起させます。その人その人にぴったりなたとえがありそうですね。今度、女性同士で集まる機会があればそれぞれのたとえを聞き出してみようと思います。

 

■桃子/オトナのオモチャ約150種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。ブログtwitter

backno.

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook