インタビュー

ノーハンド、膣にリボン…思いきって明かす「女子オナニー」の実態

【この記事のキーワード】

まな そうですそうです。私も、元AV女優でマンガ家の峰なゆかさんが推奨していたのを聞いて、「そんなことできるんだ!」と興奮したんですけど……骨盤底筋(PC筋)という筋肉を使うオナニーなんです。このPC筋というのは、肛門から膣の当たりを八の字につないでいる筋肉だそうで、おしっこをして残りの尿を“切る”時に力が入る部分のことです。で、このPC筋を締めると、膣の周りもきゅっと締められるんですけど……おしっこを我慢しながらそれをやると、膣の中が圧迫されて、膣壁同士がこすれて快感が得られるらしいんですよ。もしこれを習得したら、普段電車に乗っている際などにもオナニーできるようになるじゃないですか。それで、私も試してみたんですが……全然ダメでした(苦笑)。

――それができたらもう、神業ですね。あと、電車の中でこっそりオナニーもダメでしょ!(笑)

まな おっしゃる通りですよね(笑)。おしっこを限界まで我慢してみようと試みたんですけど、けっこう余裕で我慢できてしまって。神業習得できずです。

――ところで、個人的に気になったんですけど、筆談で「女ニー会」に参加されている方もいましたよね?

まな あの方は面白かったですねー。筆談するほどバレたくないのに話はしたいって、それこそフラストレーションが溜まっていた感じがしますよね(笑)。これまで、顔出しをしてくれた人と顔出しNGだった人は半々なんです。顔出しできない理由のほとんどは、恥ずかしいというより、彼氏や職場の方にバレたくないというもので。

――まなさんは、周囲の方に女ニー会をやっていることはバレているんですよね? みなさんの反応はいかがですか?

まな 仲のいい友達は、「女ニー会」を始める前から私がこういう話をしたがっていると知っていたので、「ついに始めちゃったんだ」くらいの反応でしたね。ただ、ちょうどUstを始めた頃に彼氏ができたんですが、彼にはしばらくこの活動のことを話せなくて。彼は私よりもずっと、奥ゆかしい人なんですね。だから抵抗があったんですけど、今は公認の元、活動を行ってます。

――ご自宅でもUst配信していらっしゃいますが、ご両親にはバレてないんですか?

まな たぶん、バレてないと思います。さすがにそこは、オープンにはなれないですね。ただ、中学生くらいの頃、両親と川の字で寝ていた時にこっそりオナニーしていたことがあって。薄々はバレていたんじゃないかな、と思うので、私をどんな風に見ているかはわかりませんが(笑)。

――川の字オナニー! 「女ニー会」のUstを見られるより勇気が要りますね(笑)。では最後に、女性がオナニーについて語りづらい社会の雰囲気について、まなさんはどう思われているんでしょう?

まな 私は、本来人前でセックスの話をするほうが品のないことだと思っているんですね。オナニーは自身の欲求処理であり、自分ひとりで完結することですが、セックスは相手ありきのこと。結局、相手のこともあけすけに話すことになるじゃないですか。それに、そもそもセックスの話って、“愛され自慢”だと思うんです。相手がいなかったら成立しない行為ですからね。だとしたら、自分でよく理解してもいないものを相手に差し出す前に、オナニーきっかけで自分の体のことをもっと知ってから愛してくれる人に抱かれなさいよ、と私は思います。
(構成/三木千明)

■まな /1985年、大阪府生まれ。大阪・難波のイベントスペース「紅鶴」のイベント企画スタッフとして活動中。オススメのローターは、トイズハート社の「インスピレーション」。「とにかく静穏性が高く、他社の製品と比べてみたら10デシベルも違ったんです。さらに、ネットで購入すれば1,000円くらいなので、コストパフォーマンスもいいですね」とのこと。また、好きなAVは二村ヒトシ監督の痴女モノやレズモノなど。「女性が男性を性の拷問にかけるような痴女モノは、見ていてスカッとするんです。オカズとしては逆のほうがいいんですが……レイプモノなどは、見終わった後に罪悪感が残ってしまうんです」。

■イベント情報「どうていの森VS女子オナニー会談」
童貞チームのオナニー話を聞きつつ、女子オナニー会談・まな女史はレズ風俗の体験レポートを実施。アダルトグッズメーカーの「トイズハート」、「我楽」より、女子も男子も楽しめるアダルトグッズのプレゼントもあり!

2013年7月15日(月・祝)19時開演 @なんば紅鶴
料金:女性1500円、男性2000円

詳細はコチラから→なんば紅鶴公式サイト

 

 

1 2