恋愛・セックス

恋愛体質女子&女豹ほど産後セックスレスに陥りやすい?

【この記事のキーワード】

【タイプB】男との肉体関係を重視する、女豹タイプ

 出会ってすぐの男性ととりあえず関係を持ったり、複数の男性と体の関係を続けたりするタイプの女性。こういった人は、妊娠前は「子供より男が好きそう」といった印象を持たれがちで、もっともセックスレスとは無縁に見えますが、実はもっとも危ないのです。

 まず、出産では、10カ月間子供をお腹に抱えて過ごしてきて、それを出すという苦労を経験するわけですから、お役目果たした感でいっぱいとなり、性欲のようなふわっとした、物理的な人恋しさなど消え失せます(お役目果たした感は、普通分娩、帝王切開など産む方法に関係なく訪れます)。

 また、授乳で必死に赤子に乳首を吸わせたり、24時間休みなしの抱擁を繰り返すことで、体のすべてを他人へ捧げている気持ちにもなります。産後の肉体酷使度は、セックスでの肉体酷使度をはるかに上回っています。女豹タイプは、セックスで体を酷使されることにより自分の魅力を確認して生きている実感を得るのですが、産後は自動的に体が酷使されるため、セックスを求める必要が消え失せるというわけです。

 以上のように、独身時代に恋愛やセックスが占める割合が多めだった人ほど、男=赤ちゃんに置き換わって満足してしまうため、要注意。逆に言うと、恋愛やセックス依存症気味で「産後、ちゃんと母になれるのかしら。心配……」という女性は、「たぶん、なれます」から、安心してよいということかも。産後、(精神的、肉体的な意味で)男性なしでも満足できることを経験し、「ああ、あんな必死になってしてきた恋愛(orセックス)って、子供にとって代わられるちっぽけなものだったんだ」と、解脱的境地に達することができるかもしれません。
(十五条えも)

1 2