連載

デジタル漬けの毎日がエロティックな感性を蝕む…。抜け出す方法とは?

【この記事のキーワード】

 この手の記事では、仮想の世界が現実を超えることへの警鐘を鳴らすのがお定まりですが、この記事も案の定、「人間同士がセックスするのを止めてしまい、子孫が生まれず人類の終焉へと向かうキッカケとなる可能性もあります」と締めくくられています。

 バイブもよく〈本物〉と比較されます。「こんなすごいバイブが出たら、本物のオトコはいらなくなるんじゃない?」というのが、男性からの定番の質問。VRポルノならぬ、VRチンコ=バイブという考えが、男性のあいだでは根強いようですね。私自身は、そもそも比較するものではないというスタンスです。バイブは振動や凹凸など、人体には決してない構造や動きを愉しむものであり、そもそもの目的が違います。

依存状態を抜け出すには…?

 「バイブは所詮、道具」ーーこれは私が口を酸っぱくしていっていることですが、要は、その道具をどう使うか、どうつき合うか。それによって愉しみ方の幅が広がることもあれば、VRポルノのようにリアルを物足りなく感じてしまうこともある。どちらになるかは、使う人次第です。

 と、バイブについてはそんな割り切ったスタンスでいながら、ネットとリアルのあいだに線を引くのが下手になっていて、恋人と過ごす時間もネットの世界に入りこむのが常態化している私って……。たいへんな矛盾を感じます。それでも「よし、デジタルデトックスだ!」と思いきれないのは、依存度が高い証拠なのでしょう。でも、そんな私の重い腰をやっと動かしてくれる動画に出会いました。

 それは、コンドームメーカーの「デュレックス」による動画です。同社は国別のセックス頻度、満足度などを調査して「セクシャル ウェルビーイング サーベイ」として公開している、発信力の高いメーカーですが、今回発信された動画は、「カップルのセックスをよりよいものにする、スマホの使い方が発見された」というもの。動画では人種、年齢もさまざまなカップルが固唾をのんでその新機能の発表を見守ります。はたして、その内容とは……?

momoco87b

 ぜひ動画を見て、ご自身の目でたしかめてみてください。私はこれを見て、せめてふたりでいるときはデジタルデトックスしなきゃ、いやむしろ、したい! そう積極的に思えるようになりました。さっそく今度の週末にトライしたいと思います。

■桃子/オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。ブログtwitter

backno.

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook