連載

アラサーにありがちな「恋愛の仕方を忘れた」状況に陥った時、考えたいこと

【この記事のキーワード】

 このことは、人間として成長している証でもあり、かつての恋愛経験からきちんと教訓を学んでいるということだと思うのですが、その状況に危機感を覚えるアラサーがいることも事実。女性の体の構造上、妊娠・出産は一定の年齢を境に難しくなることもあるため「好きな人はいないけど早く結婚したい」と焦燥感に駆られたり、「この先も一生一人で孤独死したらどうしよう」と不安を感じることもあります。また、親や親戚、仕事仲間などに「そういえば結婚の予定とかないの?」と不意に聞かれることが増え、周囲からの結婚のプレッシャーを感じるのもアラサーにありがちです。

 ただ、それを解消するために無理に恋愛しようとしても、なかなかうまくいかない。そもそも恋愛とは、しようと思ってできるものではありませんが、アラサーともなれば好きという感情だけで恋愛できないのが正直なところでしょう。ただ、それでも恋愛をしたいという気持ちがあるのならば、恋愛感情が生まれた時、それを自分自身で認めるということは忘れない方がいいと思います。ほんの少しでいいので、若かりし頃に経験したシンプルな「好き!」を思い出しましょう。相手を冷静に判断できることは素晴らしいことですが、おそらくそればかりが先行していてはいつまで経っても恋愛の仕方を忘れたままです。はなから相手を見極めるのと、自分の恋愛感情を認めた上で相手を判断するのとでは、恋愛に発展する確率に大きな違いが出ると思います。

 何事にも言えることですが、一つの見方だけでは物事の本質を捉えることはなかなか難しいものです。恋愛がもたらす一喜一憂を経験し、見切り発車の恋愛に躊躇するようになったアラサーだからこそできる、充実した恋愛の進め方があるのではないでしょうか。

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

backno.

 

1 2 3

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。