連載

専門医に訊く「デトックスって、ほんとに体から悪いモノを出しているの?」

【この記事のキーワード】

毒素、気にしすぎなくてよし!

 ホットヨガや岩盤浴など〈代謝を上げて肝臓の働きを高めよう〉という点については、「無理に働かせることで、オーバーヒートになる可能性もあります」と指摘。活性化! と思ってやっていたことが、老朽化を促すことにもなりかねないのですね。さらに冷えとり靴下に至っては、

「靴下の穴があきやすい所って、結局足が靴に強く当たる場所ですよね。単に物理的発汗(※紙に手を押し当てると発汗するような例)で汗がでやすい場所が破れやすいだけでは?」

 ごく常識的なお答えで、心底ホッとしました。

 〈デトックス〉を推奨する人たち曰く「現代人は毒素を排出する力が弱くなっている」というものの、専門家から見れば〈普通の生活をしていれば、毒素がたまることはない〉というのが現実のよう。

 でも女性は便秘気味な人が多いので、食物繊維や乳酸菌系は多少なりとも効果があるよねえ~、なんて思ったそばから、「快便が健康の証明であるのは確かですが、デトックスの因果関係はありません」とこれまたバッサリ。

 ツルツル感やスッキリ感を求めて〈デトックスケア〉なるものを楽しむのはいいけれど、正体のない概念化している〈体内毒素〉に振り回されないよう、気をつけたほうがいいようです。この〈デトックス祭り〉は海外でも同じ現象が起こっているようで、桑満院長のブログにて「デトックスと呼ばれる言葉自体が怪しいものであり、それを改善すると称している方法は全く無意味」という記事が紹介されているので、ご興味ある方はぜひご一読を!

 

(謎物件ウォッチャー・山田ノジル)

backno.

1 2 3

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook