連載

梨花の劣化が気持ちいい。ナチュラル系急先鋒の老け方

【この記事のキーワード】

 私、その「劣化」と呼ばれるであろう変化を好ましく思いました。そもそも40代だし、20代〜30代の頃と同じ肌ツヤを保っていたら逆に気持ち悪く感じちゃうんですよ。例えば昨今では「美魔女」とか言われて必死でエイジングに抗おうとする女性たちが注目されています。そういう人たちを持て囃すことに対して、小籔千豊がアレコレ批判したことでまた一盛り上がりありましたけれども、別に「美魔女」という言葉が誕生する前から、女優さん・モデルさんなんかほとんど美魔女みたいなもんじゃないですか。

 極端な例を言うと、84歳の八千草薫とか、70歳の吉永小百合とか、美魔女ですよ(あと美輪明宏様とかも)。え、あらためて年齢を書いて驚愕しましたけど、吉永さん70歳かよ……俺の知ってる70歳はもっとしわくちゃで色ムラありまくりですよ。まあしかし、彼女らのような外見で売ってるプロが老けないのは相応のお金と時間をかけたメンテナンスを続けているから当たり前とも言えるわけで。コンテストで優勝するような美魔女も、女優でこそない一般人枠だけれども、美容/アンチエイジングのプロみたいな人たちですよね。で、女性がみんな美容のプロになる必要なんてないわけですから、その観点では小薮の言う「みんな美にばっかり執着すんなや」という言葉だけは真っ当と思います。

梨花はナチュラル系の最もラディカルなモデルだ

 とはいえ、アンチエイジング美容は一般人にも浸透し、美しさを追い求める女性は昔に比べて倍増していると言えます。そんななかで、梨花さんの「劣化」は完全に世の中の流れに逆行していて、だから、すごく目立って見える。だいたい、年をとったら太りやすくなるのは自然な流れであり(代謝が落ちますからね)、自然な変化を「劣化」と呼称し、低い評価を与えるのも、おかしな話です。

 出産してからいきなり無農薬野菜だとかオーガニック生活にハマりだしたりする女性は珍しくありません。梨花さんの「ハワイで子育てしたい!」というのもありきたりなナチュラル系へのハマり方だと思います。しかしながら、今のお母さんになった梨花さんは本気でナチュラル系を実行していっている。加齢によるシワ、加齢による体重増加、これ非常にナチュラルです。「あ、モデルでも太って良いんだ」という新しい価値観を提示しているように思われる彼女は、ナチュラルでありながら実にラディカル。もちろん、一般人と比べたら激烈にスタイルが良いお母さんなんですけども。ぽっちゃりブームなんてのも少し前にありましたが、まあ、梨花さんだけじゃなく、芸能界で活躍する女性たちみなさん、もっと太っていいと思いますよ。

■カエターノ・武野・コインブラ/80年代生まれ。福島県出身のライター。Twitter:@CaetanoTCoimbra

backno.

 

1 2

カエターノ・武野・コインブラ

80年代生まれ。福島県出身のライター。

@CaetanoTCoimbra