連載

働かなくても明るい未来はありますか?

【この記事のキーワード】

連載冒頭画像その2 500x354

初めまして。今日からコラムを書かせていただくことになりました、奥山村人といいます。

簡単に自己紹介すると、28歳男性、無職です。

待って! 気持ちはわかる! わかるけど「戻る」ボタンを押すその手を止めて! もう少し読んで!!

簡単に言いすぎた結果、ミもフタもないことになってしまいました。しかしオブラートに包んだような上手い言い方も一切思い浮かびません。そこで代わりに他己紹介、昔の恋人(かろうじて童貞ではないのです)や好きだった女の子(フラれた)たちが僕に投げかけた言葉を列挙してみることにします。

「モテない癖に恋愛体質」「根性なし」「良い年していつまで中学二年生のつもり?」「発言全部が嘘臭い」「トイレットペーパーより薄っぺらい」「このハッタリ野郎」「ピーターパンシンドローム」「働け!」「受け身体質」「心が童貞」「女々しい」「頼りない」「キスが下手」「幼稚で鬱陶しい」「恋愛偏差値2」「働け!!」

僕が何故どんな風に幼稚で無職な恋愛体質なのか、というのは、今後触れなくてはならない過去のエピソードや、文章から自然とにじみ出る気持ち悪さから感じ取っていただけけるかと思います。いや、もしかしたら、もう既に十二分に伝わっているのかもしれませんが……。

さて、そんな僕ですが、実は今、真剣に悩んでいることがあります。

……こういうコラムは普通、みなさんからいただく相談にお答えしていったりするものなのかもしれません。でも僕にはそんな余裕、一切ないのです(そもそも一体どこの誰が無職に人生相談するんだろう?)。

それどころか、逆に相談に乗っていただきたく、読者の方々への相談連載という奇妙なスタイルを取ることになりました。今回ご相談したいことはこれです。

今回の相談「明るい未来を手に入れるための革命的な方法を教えてください」

眠れない夜などに、つい想像してしまうことがあります。

親が死んだら、自分はどうなるんだろう。

実家でのうのうと寄生して、将来のことを考えないようにしつつ、一時の安逸をむさぼっている、ゴミ屑のような人間、それが僕です。

親が死んだら生きていけない。

老後なんか考えると、中々胃が痛くなります。

おそらく数少ない知人たちも、そのころにはとっくに僕を見限っていることでしょう。

洗濯物は部屋干し、加齢臭が漂い出す、不潔な貧乏アパート一人暮らし。

首を吊ろうとしても、死ねない。

死んでも、死に切れない。

当たり前です。だらしがない、からです。

そんなキッパリとしたところがあれば、今、無職であるはずがない。

そうして生き恥をさらしつづけるんだろう、そう思うと、怖くて怖くてしょうがない。

怖い怖い怖い怖い!

働けよ!!

……しかし、ふと思います。

働いてさえいれば、自分は幸せになれたのか? 明るい未来が待っていたのか?

そんなことなかったんじゃないのか?

さかのぼること数年前、新卒で就職した僕は、上京して会社員生活を送っていました。

その会社に就職した理由は、仕事がラクで残業が少なくて首都圏から転勤がなくて給料がまぁそこそこ悪くないから、でした。そういう会社に就職したくて、数百社のデータを調べ(四季報とかネットとかで)、面接でひたすら調子の良いテキトーばかりこき続けた結果でした。

東京に行きさえすれば、こんな僕でも何かデカいことが出来るんじゃないか、そんな知的程度のメチャ低い、ふわっとした期待だけがありました。

現実は退屈な仕事ばかり、入社から一年も経たぬうちに、大きな顔して勤務中にサボってばかりいるような、典型的なダメ社員に成り果てました。

いわゆる一つの5時から男、調子に乗ってデザイナーズマンションに住み、服や家具に散財し、おっかなびっくり飲み歩き……あっという間に入社から3年半が過ぎて、付き合っていた彼女と、そろそろ結婚しようか、なんて話が出始めたあたりで、僕はふと気づきました。

こりゃマジで人生失敗したな、と。

なんか知んないけど、生きているのが虚しくて虚しくてしょうがないぞ、と。

どうやら、何事も深く考えず薄っぺらくノリで生きてきたツケ、みたいなものがやってきたようでした。

それでしばらくして友人が自殺して、翌朝会社で始業前にそいつが好きだった曲を鼻歌で歌っていたら、同僚女子に「奥山さんっていつも明るくて毎日生きてるの楽しそうですよね! 悩みなんか全然なさそうで、本当に羨ましいです。今日とか飲みに連れてって下さいよ~」と悪意なく言われてしまったあたりで、「あはぁ~もう何もかも全部限界だな~虚無~」という感じになったので、思いつきで辞表を出して会社をやめ、地元に戻りました。

で、現在に至る、と。

多分あのまま働いていても、どっちにしろ未来は暗かったような気がします。どうせ結婚もしなかっただろうし、やる気出してみたところで出世もしなかっただろうし、会社の資金を横領でもして捕まるか、顧客情報を大量に流出させてニュースになるか、もっとショボく左遷やリストラなんかされていたかもしれない。

だから別に、無職になったことを微塵も後悔してはいない、そのハズなのですが。

これからどうやって生きていけばいいのか、近ごろ、さっぱりわからなくなってきました。

どうにかこうにか、働かないでも明るい未来を手にすることが出来るような、

何か革命的な方法というものはないのでしょうか?

出来れば苦難を伴わない、ラクで楽しい解決策が欲しいのですが。

(嗚呼、コメント欄が燃えませんように、燃えませんように……)

今後、いただいたアドバイスを元に実際に行動を起こして、その顛末をご報告したり、また新たな相談をさせていただいたり、という感じの繰り返しで連載が進んでいきます。

つまり、実際にいただくコメントや投稿いただいたアドバイスの内容で、連載の行方が変わっていく、そんな内容となっております。

なので、「イラついてしょうがない」「人生ナメんなよ」「ミトコンドリアからやり直せ」「てめぇ殺すぞ!」「死ねや!!」といった感想をお持ちの皆様、ぜひコメントや投稿をお寄せ下さい。お待ちしております。

botton

 

奥山村人(おくやま・むらひと)
1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。Twitter:@dame_murahito BLOG:http://d.hatena.ne.jp/murahito/

backno.

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/