インタビュー

成功しなかった不妊治療の実際と、別居婚の利点/『幸せな離婚』吉田潮インタビュー

【この記事のキーワード】

結婚をカスタマイズすればいい

吉田潮

最高の1本とめぐり合えてうらやましいっす

――世間体を気にすると言いつつ、最初の結婚で吉田さんは婚姻関係を継続しようという執着はしませんでしたよね。何が何でも「妻」という立場を手放したくないという考えの女性も世の中にはいると思うのですが。かく言う私もその一人でした。

吉田「それはもう、私が120%有責で、向こうが離婚裁判起こすってなったら勝ち目ないんだし。自分が悪いんだからあきらめないとね。でもね、今、私はまた結婚してる。結婚ってなんなんだろう? って思います」

――というと?

吉田「私は今、自由気ままに独身のような生活してますけど、戸籍上は結婚してますからね。結婚って実はいろんなスタイルがあるので、『こうじゃなきゃいけない』って枠に当てはめる必要はない。結婚って必ずしも一緒に住んですべてをともにするっていうようなことだけじゃないということです。やり方次第でものすごい幸せにもなるし、ものすごい不幸にもなるものだと思います。自分でカスタマイズすれば、独身の時と同じようなことができるわけだし。まあお子さんがいると、どちらかがメインで子育てをやるのか、平等に育児時間を割くのかとか、いろいろ話し合いの余地が増えると思うけど。とりあえず今は、お互いにとって何が有益かを考えられる結婚ができたと思っているんです。でも結婚したことがない人は、ある定形の結婚の理想像があるでしょうから……結局、どういう生活をしたいかなんですよね」

――どういう生活をしたいか。

吉田「うん。自分の時間を大切にしたいっていう人は結婚に向かないって言われるけど、でもお互いに“自分の時間”が必要な人同士で結婚すれば上手くいくわけだし」

――共に暮らして時間をまるごと共有する関係を夫婦って呼ぶ結婚の形には向いてないかもしれないけど、そうじゃない結婚ならできるかもしれない。本の中に、不幸な離婚を招く人と幸せな離婚をする人がいるとして、不幸な離婚を招いたのは、幸せな離婚に至る関係を相手と築けなかった自分自身であると書いてありましたけど。

吉田「自分なんですよ、ホント。私の場合、悪いのは完全に私なんで。でも離婚することになって結果的に私は良かったし、彼も私じゃない女性と再婚できて良かった。だから幸せな離婚って思えます。お互いに別々の道を歩くことにしますってことで。私の身の回りで、離婚してもずっと元旦那の悪口を言ってて『私はあいつのせいで不幸になった!』と言い散らすような人もいるんですけど、それは違うんじゃないのって」

――経済力がモノを言いますよね。

吉田「そこなんですよ。経済力がなくて、子供も抱えてってなると女の人はもう……詰んじゃうでしょ。まあその状況だったら男も女も関係ないけど。私ね、経済力は本当に大事だと思っているので。結婚前は仕事で有能だった女性が、結婚や出産で仕事辞めちゃって専業主婦になったら、夫が浮気したり暴力を振るうってなった時に、逃げる手段がないですよね」

――お金って逃げる手段ですよね。すごい大事。

吉田「そう。今あるお金プラス、来月のお給料、その翌月のお給料。働いていれば入ってくる。何だかんだ言って社会に出て働いてたほうが絶対良いと思うんですよね。それに何でも良いんですよ、仕事なんて。パートでも清掃でもコンビニのバイトでも。とにかくお金を稼いで社会の一員になってるっていれば。私だって本当、仕事を全然選ばずに何でも書きましたからね。離婚が決定して私が家から出て行くことになったわけだけれど、1カ月後に入ってくる原稿料があるってだけで本当に不安はなかったし、その後も書き続ければなんとかなると思えましたよ」

――仕事量が増加して体調を壊したりはしませんでしたか?

吉田「30代の時はまあキツかったけど、今は全然。無理しなくなったの。徹夜なんて全然しないし、だいたい夜中の2~3時に寝て朝8時に起きるってリズムで体調いいですよ。まあ飲みに行く時はもっと寝るの遅くなりますけど、朝までは飲まなくなりましたね。体力も減ったし。省エネ体質になりました」

1 2 3 4