連載

「オナニーなんて気持ち悪い」と感じていたこともありました

【この記事のキーワード】

痴女しかオナニーしないという妄想

「痴女は性欲をコントロールすることができないので、自らの手で癒してしまうのだ……なんて破廉恥なんだ!」なんて妄想をしていたこともあります(笑)。きっと、女性のオナニーモノのAVを観すぎていたんでしょうね、私。実際、少し大人になってから蓋を開けてみると、オナニーは痴女だろうがなかろうが、している人はしていました。男性に「私だってオナニーくらいするよ」と言うと、なんだかとてもエロい女と思われることがあります。それだけで「ヤレそうな女」と思われることだって。男性のほうが「オナニーをする女はエロい!」と思っている印象があります。男性だって、多い人は毎日オナニーするでしょうし、それと同じだと思うんですけどねぇ。性欲をコントロールできないからオナニーをするのではなくて、コントロールするためにオナニーしていると思います。

オナニーは異常な行為だという先入観

①と②で述べたように、高校生の私にとってオナニーは「男性や痴女がする行為」でした。普通の女性はオナニーなんてしないと思っていたのです。けれど、私はオナニーをしている。「私は普通じゃない人間だ」と心のどこかで感じていたのです。幼いころから、無意識のうちに男性目線でアダルトビデオを観ていたので、強い先入観が生まれていたのかもしれません。今は女性のオナニー事情に関する雑誌などの特集を見て「意外とみんなやっている」という事実を知り、「オナニーしているのは私だけじゃないんだ!」と安心できています(笑)。

オナニーは異常じゃない! 楽しみ方も自由自在

「えっ、オナニーなんてしたことない! ありえない!」と言われたこともありますが、本当に人それぞれ。私は、“オナニーをする人=自分の性欲に気付くことができる人たち”だと思っています。オナニーの話題は下ネタとして扱われることがほとんどですが、TPOに応じて話せば、何も問題ないと考えています。恥ずかしいとか、後ろめたいという気持ちから解放された今、オナニーが好きな自分も好きになることができました。

ひとりでこっそり楽しむもよし。パートナーに見てもらうのもよし。見せ合いっこするのもよし! オナニーの楽しみ方は自由自在です。セックスは共同作業ですが、オナニーは自分で自由に楽しめます。途中でやめたっていいし、何回イッてもいい。これって素晴らしくないですか!? というわけで、私はオナニー大好き人間として、これからも日々オナニーに励みたいと思います☆

■おはなちゃん/ オープンスケベ。4歳で初めて股をこすってから、性に目覚めた22歳。普段は女子大生、事務アルバイトをこなしながら日々性を楽しんでいる。おじさんキラーであり、現在24歳年上のおじさまとお付き合い中。

backno.

 

1 2

おはなちゃん

オープンスケベ。4歳で初めて股をこすってから、性に目覚めた22歳。普段は女子大生、事務アルバイトをこなしながら日々性を楽しんでいる。おじさんキラーであり、現在24歳年上のおじさまとお付き合い中。