連載

アラフォーNGファッションは? 老化を受け入れるためには? 加齢と美について考えるトピ3選

【この記事のキーワード】

自戒を込め語る「おばさんNGファッション」

 40代女性トピ主は自己紹介もそこそこに「周囲の同世代~先輩世代を見ていて、あれっと思うファッションってありませんか?」と疑問を投げかける。確かに筆者も、ごくたまにギャル系ファッションの若い装いをしている女性を追い越して、前からチラッと見たらおばさんを通りこしてお婆さんだった、ということがある。トピ主が具体的にあげた『あれっと思うファッション』はというと……

●中途半端なパステル色のパールのマニキュア(より老けてみえるし、はがれてることが多い)
●盛り盛りのマツエク(目力を失いつつある瞳と合っていない。抜けかかっていることもある)
●常にチュニック(体型隠しのチュニックはかえって太って見える)

 これら以外に、「なるべくやめたほうがいい」ファッションはあるか? という相談だ。実に多くの回答が寄せられているが、正直多すぎて、これら全部をワードローブから断捨離するのは大変そうだ。裸一貫から出直すレベルか。

【40代以上の女性のNGファッション】
●ジーンズ
●ふんわりワンピ
●ブラのアンダーやショーツの食い込みが服の上からでも分かる下着
●スキニーパンツ
●ノースリーブのトップス
●ひざ上ふんわりスカート
●素足
●低めのウエッジ(サンダル)
●三つ編み
●変なロゴTシャツ
●真っ赤な口紅&青いアイシャドウ
●ショートパンツとスニーカー
●パッツン前髪
●水玉模様の服
●真っ赤なネイル
●パーカー

 アラフォーになれば顔以外も全身お肌が衰えてくるので、露出度の高い装いは相当NGの様子。色のはっきりしたメイクやネイルも難しそうだ。若い印象のアイテムも嫌悪感を抱かれるらしい。ジーンズとパーカがNGって、カジュアル派にはなかなか厳しいな。つ~か、コメントを読めば読むほどつくづく、重要なのは肌(&髪や顔)の手入れに尽きるのではないかと思えてくる。アイテム云々よりもそれを身につけることで露になるリアル中年の姿(体型の衰えや肌のカサカサなど)が見苦しく思われるのでは。読者の皆さんはどんなファッションをヤバいと思うだろうか?

1 2 3

ブログウォッチャー京子

インスタウォッチが日課の子持ちライター。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています

@watcherkyoko