連載

レズビアン開眼のきっかけになった“女子中学生同士の集団ペッティング”

【この記事のキーワード】

――わーお! 下ネタトークから女子同士の実践っていうのはかなりレアケースじゃない?

K「でしょ。その2人は唇を合わせるだけのキスからディープキスになって、それからおっぱいを触ったり舐めたりしてて、周りの子たちも『私もやってほしい!』って言い出してさ。そこから、初体験済の子がそれぞれの子たちにディープキスとかおっぱい舐めとかしてあげてた。みんな一通りやってもらって、やり方がわかったら、それぞれペアになって教えてもらったことをまたやり合って。私はそれまで見てるだけだったんだけど、『Kちゃんもやってみなよ』って言われて、断り切れなくてやってもらったの」

――女子中学生の集団ペッティング、エロ漫画みたいな状況……。でもKちゃんは「断り切れなくてやってもらった」ということは、実は友達とエッチなことするのは嫌だったのかな?

K「いや、そうじゃなくて、自分から『私もしたい』って言うのが恥ずかしかったんだと思う。でも、やってもらったらキスも手マンもすごく気持ちよくて。全部初めての経験だったんだけど、なんていうか……この世にこんな素晴らしいことがあるのかって感動したわ(笑)。最終的にクンニしてる子たちもいたんだけど、クンニされた時には気持ちよすぎて大声が出そうになって必死で我慢した記憶がある」

――キスだけなら友情の延長的な感じでする女の子たちもいるけど、手マンとかクンニまでとなるとなかなか生々しいものがあるねえ……。それがレズへの目覚めだったんだ?

K「そう。みんなにいろいろ手ほどきしてくれた初体験済みの子を好きになっちゃった。気持ちよくしてくれたことももちろん好きになった理由だと思うんだけど、その子の体がすごいキレイで、『また裸で触れ合いたい』って思ってた。でも、その時のことはみんなの中でタブーになって、誰も話題にしなくなって……。だから私も『またしたいな』なんて言えずに、普通に友達として接してた。ただ、同時期にオナニーを覚えたから、オカズはもっぱらその子だったけどね」

――その後、いつ初めての彼女ができたの?

K「実は高校時代から付き合ってて、いま一緒に住んでる女の子がいるんだ。お互い“彼氏”っていう感覚より“彼女”のほうがしっくりくるかな。将来的にも一緒にいるつもりだし、渋谷区以外にもパートナーシップ条例を施行してくれる地域が増えるといいんだけど」

 思わぬきっかけからレズビアンに目覚めたものの、現在はパートナーもいて幸せそうなKちゃん。より行政の体制が整い、彼女たちが抱える将来への不安が少しでも軽減される世の中になってほしいですね。それにしても、女子中学生の集団ペッティングには度胆を抜かれました……。

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

backno.

 

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。