連載

前世はピータン? 妄想物語とともに「ピータン入り冷やし中華」

【この記事のキーワード】

「ピータン冷やし中華」
材料(2人分)

皮蛋(ピータン) 2個
オクラ 4本
パクチー 1束(量はお好みで)
鶏ささみ 2本
ザーサイ 50g
トマト 1個
中華麺 2玉
小さじ1/2 (2.5cc)
大さじ1
塩(鶏ささみ茹で用) 小さじ1 (5cc)
 
甜麺醤(テンメンジャン) 小さじ1/2 (2.5cc)

 

★タレ
ショウガ 1/4かけ
ニンニク 1かけ
長ネギ 5cm
ペースト状中華だし 小さじ1/2 (2.5cc)
砂糖 大さじ3
醤油 60cc
黒酢または酢 50cc
50cc
ごま油

大さじ1

 

 

 

 

IMG_1029
皮蛋(ピータン)です。最初に発見した人はどんな気持ちで拾ったのでしょうか。
(参照リンク:皮蛋 – Wikipedia

 

 

IMG_1032
もみ殻を取りやすくするため、水に10分ほど浸けます。

 

 

IMG_1036
酒大さじ1・塩小さじ1を馴染ませて、こちらも10分ほど放置。

 

 

IMG_1034
もみ殻と土を洗い落としました。
ゆで卵の殻をむく要領と同じです。

 

 

IMG_0917
いいピータンには、針葉樹林の葉みたいな模様が入るそうです。
私には「THE・いい女」っぽい模様はありませんが、シミならありますわ。どうでもいいですね。
……ピータンには出番まで一休みしていただきましょう。
「しばらく置いて臭みを取るように」と袋に注意書きがありましたが、そんなに死ぬほど臭いというわけでもないです。

 

 

IMG_1037
オクラです。塩(分量外・適量)をこすりつけて表面の産毛みたいな毛を落とします。
元気過ぎるオクラだと、産毛のつもりで表面を触ったら小さい棘だったりすることがあります。地味に痛い……。
表面を撫でてもチクチクしないオクラなら、この行程はスキップスキップ。茹でますし。

 

 

IMG_1041
ネギ、ショウガ、にんにくをそれぞれみじん切りにします。

 

 

IMG_1043
小さじ1の塩を入れてオクラを茹でます。
色が鮮やかになって1~2分待ち、引き上げて冷水にとります。

 

 

IMG_1044
鶏ささみを茹でます。塩小さじ2・時間は5分くらいです。
茹であがったら冷水へ。

 

 

IMG_1048
ショウガのみじん切りが入っているのは、新入り・ホーロー白小鍋よ。よろしくね。

 

 

IMG_1049
続いてネギとニンニクもみじん切り。小鍋に投入します。

 

 

IMG_1050
ネギ・ショウガ・ニンニクのみじん切り・水50cc、醤油60cc、黒酢50cc、砂糖大さじ3。
そして、ペースト状中華だし・小さじ1です。

ペースト状中華だしは10年ほど前からあるようですが、ここ最近スーパーで品揃えが増えたように感じるのは気のせいでしょうか。よく見かけるようになりました。
確かに便利。これがあれば、あっさりしたラーメンくらいなら気軽に作れます。
さすがに豚骨ラーメンほどのコクは出ませんが、気に入っています。

 

 

IMG_1052
フツフツしてきたら、ごま油大さじ1を投入。
ひとまぜして火を止めます。

 

 

IMG_1054
ボウルに水を張って、タレを冷まします。
中に仕込んでいるのはザル。
浮力で小鍋が揺れて水が浸入しないよう、固定用に入れました。
つまり、タレに水を侵入させたことがあるんですわ……。

1 2 3 4

自意識和代

人の好意をなかなか信じられず、褒め言葉はとりあえず疑ってかかる。逆にけなし言葉をかけられて「なんて率直なんだ!」と心を開くことがある。社交辞令より愛あるdis。愛がなければただのdis。凹んじゃうよ! ラブリーかつ面倒なアラフォーかまってちゃんである。