連載

前世はピータン? 妄想物語とともに「ピータン入り冷やし中華」

【この記事のキーワード】

IMG_1056
冷ましていた鶏ささみをペーパータオルでふき、ほぐしていきます。

 

 

IMG_1057
肉に挟まれていた筋が残りました。

 

 

IMG_1058
ピータン開帳~

 

 

IMG_1061
……と言いつつ、ザクザク切ります。

 

 

IMG_1062
パクチー
ザクザクと1cm幅に切り、半分ずつに分けます。
半分は具に和える分、半分は飾り分です。
このあたりで麺を茹でるお湯を沸かし始めます。

 

 

IMG_1066
トマトは厚みが1~1.5cmくらいになるようにカットしたいです。
個人的な好みです。

 

 

IMG_1067
ザーサイ50gもみじん切りします。
油ぎって滑るのでザーサイには触らず、包丁の腹で裁ち落とすように力強く刻みます。
ザク! ザク! ザク! ザク!
……別に怒ってないですわよ。

 

 

IMG_1078
甜麺醤(テンメンジャン)小さじ1を投入して混ぜます。

 

 

IMG_1081
袋の表示通りに茹でます。細麺推します。

 

 

IMG_1079
茹であがる麺の受け入れスタンバイ。

 

 

IMG_1084
ザッバ~ン!!

 

 

IMG_1085
すかさず氷水のボウルにザバン!!

 

 

IMG_1086
水をよく切って皿へ着地。

 

 

IMG_1088
具を置き、タレをかけます……見ればわかりますね。ごめんなさい。

 

 

IMG_1095
トマトとパクチーを飾り、「冷やし中華」完成です!

 

 

IMG_0921
おまけ
Lost  in  space……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1478 - バージョン 2
割烹和代~fin~

■自意識和代 / 人の好意をなかなか信じられず、褒め言葉はとりあえず疑ってかかる。逆にけなし言葉をかけられて「なんて率直なんだ!」と心を開くことがある。社交辞令より愛あるdis。愛がなければただのdis。凹んじゃうよ! ラブリーかつ面倒なアラフォーかまってちゃんである。

backno.

 

 

1 2 3 4

自意識和代

人の好意をなかなか信じられず、褒め言葉はとりあえず疑ってかかる。逆にけなし言葉をかけられて「なんて率直なんだ!」と心を開くことがある。社交辞令より愛あるdis。愛がなければただのdis。凹んじゃうよ! ラブリーかつ面倒なアラフォーかまってちゃんである。